女性の更年期障害

症状・部位:

更年期障害とは

kounenki_woman更年期障害とは、40代以降に卵巣機能の低下に伴う急激な女性ホルモンの低下によって引き起こされる、様々な身体的・精神的不調のことを言います。

更年期とは、閉経前後の10年間の、生殖可能な年齢から不可能な年齢への移行期間を指します。

更年期に現れる症状は、45〜55歳くらいの間に起こることが多く、60歳頃までには安定します。

軽度の症状であればほとんどの女性が経験しているようです。
中でも3割ほどの女性が日常生活に支障をきたすほどのひどい症状を抱えており、その状態を「更年期障害」と呼んでいます。

神経質でネガティブな性格の人がなりやすいとされています。

症状が様々で個人差が大きいため、更年期障害と気付かずにドクターショッピングを繰り返す例も少なくありません。

症状

sick_douki更年期障害の代表的な症状は、主に、発汗、ほてり、不眠と言われています。

人によって症状の程度も現れ方も様々です。

最近では20〜30代前半で更年期のような症状も増えているようですが、この場合は本当の卵巣の老化、停止ではないので更年期ではなく、ストレスなどによる「卵巣機能不全」が原因とされています。

月経は、40代になると無排卵周期が多くなり、月経の間隔が空く、短くなる、月経不順、少量の月経がだらだら続くなどの月経の変化が現れはじめ、無排卵と排卵の月経周期を繰り返しながら徐々に無排卵周期が多くなり、閉経を迎えます。

【頭】
頭痛、頭重、薄毛、抜け毛

【顔】
のぼせ

【口】
味覚障害、舌や口の中のしびれ・痛み、口渇、知覚過敏、知覚鈍麻

【喉】
喉の炎症

【目・耳・鼻】
視力低下、まぶたの腫れ、耳鳴り、耳の閉塞感、鼻の炎症

【首・方・背中】
こり、張り、痛み、四十肩、五十肩

【手・足】
冷え、ほてり、しびれ

【皮膚】
にきび、肌のかさつき、かゆみ、吹き出物、蕁麻疹、湿疹

【筋肉・関節】
筋肉痛、関節痛

【循環器系】
動悸、めまい、血圧の変動、不整脈、ホットフラッシュ、冷や汗、立ちくらみ、ふらつき

【呼吸器系】
息苦しい、息切れ、胸部圧迫感、胸痛

【消化器系】
便秘、胃痛、下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、空腹感

【泌尿器系】
排尿痛、頻尿、残尿感、尿漏れ、膀胱炎

【婦人科系】
膣の乾き、膣炎、性欲減退、不感症、性交痛、乳房の張り、月経過多

【精神】
うつ状態、情緒不安定、イライラ、ヒステリー、無気力、くよくよする、被害妄想、不安感、孤独感、恐怖感、無気力、気力減退、判断力の低下、神経質、物忘れ、あせり、パニック、幻聴

【全身】
不眠、寝つきが悪い、眠りが浅い、疲労感、むくみ、骨の痛み、貧血、発熱、微熱、倦怠感、悪寒、体の力が入らない、震え、発汗、低体温、太りやすい

原因

女性ホルモンの急激な低下

閉経の数年前から卵巣機能が徐々に低下して卵巣から分泌される女性ホルモンが少なくなることで、更年期障害の症状が引き起こされます。

その変化が急激すぎるために対応できず、女性ホルモンの司令塔である視床下部が女性ホルモンを分泌させようとパニックになり、自律神経症状を引き起こします。

閉経後、数年以内に卵巣からの女性ホルモンの分泌は永久に停止しますが、脂肪組織でも女性ホルモンの分泌は行われているようです。

環境の変化

夫の定年・リストラや仕事の昇格、親の介護、子どもの受験・就職・自立などの環境の変化や老いへの不安・あせりなどのストレスや睡眠不足も、更年期障害の症状を引き起こす原因と言われております。

卵巣ホルモンの役割

エストロゲンの役割

エストロゲンには、膣の粘膜に作用し、細菌の繁殖を防ぐ、子宮内膜を増減する、頚管粘液の分泌を促し、排卵期に精子が子宮内に入り込みやすくする、乳腺の発育を促す、外陰部を働かせる、骨量を増やす、コレステロール値を下げて動脈硬化を防ぐ、コラーゲンの生成を促進し、肌をみずみずしく保つなどの役割があります。

プロゲステロンの役割

プロゲステロンには、子宮内膜を剥がす、子宮の収縮を抑制する、体温を上昇させる、体の水分を保持するなどの役割があります。
また、プロゲステロンには、精神的にうつ状態にさせる作用があります。

更年期障害と似た病気、起こしやすい病気

子宮筋腫 子宮内膜症 子宮頸ガン 子宮体ガン 乳ガン 卵巣ガン 膣炎 膣のびらん 子宮頸管ポリープ 乳腺症
骨粗鬆症 高脂血症 動脈硬化 糖尿病 線維筋痛症 高血圧 低血圧 狭心症 脳梗塞 心筋梗塞 心臓神経症 メニエール 脳腫瘍 大腸ガン
坐骨神経痛 五十肩 ヘルペス リウマチをはじめとする膠原病
痛風 喘息 偏頭痛 逆流性食道炎 後鼻漏 バセドウ病 シェーグレン症候群
老眼 緑内障 白内障 網膜剥離 歯周病 舌痛症
自律神経失調症 うつ病

閉経の年齢

閉経の年齢は、半数は45〜55歳、25%は45歳以下、25%は50歳以上の間に迎えています。
40代後半で、1年間無月経の状態が続いてはじめて閉経と診断されます。
閉経年齢の平均は51歳頃と言われていますが、かなり個人差があるようです。

更年期障害の診断基準

クッパーマン更年期指数

更年期障害かどうか、更年期障害の程度は、「クッパーマンの更年期指数」等でチェックすることができます。

症状の種類 症状の程度 評価度
 1.  顔がほてり汗をかきやすい 3・2・1・0 4
 2.  手足がしびれ、間隔が鈍くなる 3・2・1・0 2
 3.  寝つけず、目を覚ましやすい 3・2・1・0 2
 4.  興奮しやすく、神経質になった 3・2・1・0 2
 5.  くよくよし、ゆううつになる 3・2・1・0 2
 6.  めまいや吐き気がする 3・2・1・0 1
 7.  疲れやすい 3・2・1・0 1
 8.  肩や腰、手足の節々が痛い 3・2・1・0 1
 9.  頭が痛い 3・2・1・0 1
 10.  心臓が動悸する 3・2・1・0 1
 11.  皮膚をアリが這う感じがする 3・2・1・0 1

(1) 1~11までのそれぞれの「症状の程度」について 〔強い=3、中程度=2、弱い=1、なし=0〕の 4段階の評価をつけてください。

(2) 「症状の程度」の数値に「評価度」の数値を掛けます。 〔症状の数値×評価度の数値〕

(3) 1~11までの、〔症状の数値×評価度の数値〕を合計したものが クッパーマン指数です。
クッパーマン指数が 16~20 : 軽症の更年期障害
クッパーマン指数が 21~34 : 中等度更年期障害
クッパーマン指数が 35 以上 : 重症の更年期障害

婦人科での診断基準

婦人科での更年期障害の診断は、同様の症状をもたらす他の疾患がないかを確認する除外診断を行います。
エストロゲンの急性欠乏症上である、ほてり、発汗、不眠が症状としてあるかどうかも確認します。

症状の程度や血液中のホルモン濃度を測定し、エストロゲンの分泌低下と下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体ホルモン(LH)が上昇していると更年期のパターンと診断されます。
また、甲状腺疾患をクリーニングにするためにTSH(甲状腺刺激ホルモン)を測定することもあります。

問診では、症状の種類、程度、症状に気づいた時期、月経周期、閉経の年齢、不正出血の有無、既往症などを確認します。

検査は、血液検査などの一般検査、他の病気でないことを確認するための検査、内診での膣の状態、筋腫の有無、子宮頸癌・子宮体癌の検査、骨量検査などを行います。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

更年期障害による症状を緩和するためには、アロマ、気功、運動、ヨガなどが有効です。

食生活ではアルコールや糖質などを控えるようにし、ビタミンを豊富に含む食品、大豆イソフラボン含有食品などを積極的に摂取すると良いでしょう。

婦人科での治療法

medicine_capsule_setホルモン療法(HRT)

ホルモン療法(HRT)は、女性ホルモンの低下を抑えるための治療法で、卵巣から分泌されなくなったエストロゲンを補充します。
使用する薬は、貼り薬、飲み薬、塗り薬の3種類の中から処方されます。

治療前に血液検査でエストロゲンの低下を確認します。
治療中も定期的に検査が必要になります。

ほてり、のぼせ、発汗、冷えなど更年期の代表的な症状が数週間で改善されます。

副作用に、吐き気、乳房の張り、性器出血、下腹部痛などが挙げられます。

子宮頸癌・子宮体癌経験者などのエストロゲンの関係する癌の経験者や、重症の肝疾患の方は使用できません。

この治療法を行うことで、骨粗鬆症や高脂血症、動脈硬化の予防などのメリットがありますが、長期服用で乳がん 心臓血管系疾患のリスクが上がります。

子宮体癌のリスクはエストロゲンに加えてプロゲステロンの補充で防ぐことができます。

ホルモン療法(HRT)の3つの投与法
❶周期的投与法
エストロゲンを毎日服用し、月の前半か後半に12日間プロゲステロンを併用します。
月経に似た周期を作る治療法で、プロゲステロンの服用が終わると性器出血します。

閉経間もない人が対象となります。
エストロゲン単体より子宮体癌のリスクを抑えることができます。

❷持続併用投与法
エストロゲン・プロゲステロンを毎日一緒に服用します。
飲み始めに不正出血がありますが、半年くらいでほとんどの人は出血しなくなります。

❸エストロゲン単独投与法
作用がおだやかなエストリオールというエストロゲンを服用します。
手術で子宮摘出した人などに用います。
50歳以上でHRTを始める人や、骨粗鬆症の方が対象となります。

低用量ピル

50歳までの方が対象になります。
更年期症状の緩和と軽減に役立ちます。

漢方薬

体全体にはたらきかけて更年期の症状を改善していきます。

抗うつ剤

うつ状態の改善に役立ちます。

抗不安剤

不眠、イライラするなどの神経症状に有効です。

自律神経調整剤

不定愁訴、自律神経失調症の症状に有効です。

睡眠導入剤

不眠、入眠障害に有効です。

カウンセリング

心的ストレスが原因と考えられる場合は、心療内科などでのカウンセリングが必要になります。

仙人堂での更年期障害の治療法

仙人堂では、ホルモンのバランスと腸内環境をと全身の歪みを矯正する治療を行います。

個々の症状により、治療内容は異なる為、必要に応じて下記の治療を行います。

①からだの歪みを矯正して痛みを解消する

hp8骨盤矯正

骨盤は、腸骨、仙骨、尾骨、恥骨という骨で形成されています。
この中でも、特に尾骨に痛みがあるという方は注意が必要です。
東洋医学では、お尻を強く打つと狂人になるといわれ、脳にも影響がでて精神疾患に陥る可能性があると言われています。
原因は尾骨の先端には、回気というツボがあり督脈という、頭から背骨を通る経絡の始まりになっているからです。
また尾骨の歪みは、不妊や流産などにも影響する為、痛みのある方は矯正が必要です。

背骨(頸椎・胸椎・腰椎)の矯正

頸椎の歪みは、頭痛、めまい、耳鳴り、胸椎の歪みは、動悸や生理痛、ホットフラッシュ、腰椎は胃痛などの原因となります。
猫背になると頭蓋骨の位置が下がり、うつむいた状態になります。
うつむいた状態ですと脳下垂体に影響が生じマイナス思考になるのです。
試しにうつむいた状態で、最近あった嫌なこと思い出してください。
この時、ちょっとした嫌なことを思い出すようにしてください。
強烈なトラウマなどを思い出すと具合が悪くなる場合があります。
うつむいた状態だと嫌なイメージが鮮明にできると思います。
今度は、姿勢を正して正面を向いた状態で同じことを思い出してみてください。
イメージがしづらくなっていると思います。
感じて頂いた通り、姿勢は思考に大きな影響がある為、正しい姿勢にする為の矯正が必要です。

007頭蓋骨・顎関節矯正

頭蓋骨・顎関節矯正イメージ頭蓋骨は23個の骨で形成されています。
頭蓋骨の縫合の部分が歪んだり、動きが悪くなると頭痛や、めまいなどが生じます。
試しに頭の横を押さえながら、歯を食いしばってみてください。
側頭部の筋肉が動いているのが分かると思います。
うつ病やパニック障害の方は、ストレスで歯を食いしばっている方が多いです。
頭の側頭部の筋肉が固くなると、側頭骨という骨の動きが悪くなりめまいの原因となります。
また不眠の方は、後頭部が緊張しているため、緊張をとる必要があります。

※矯正は、10人中8〜9人は「なんでこれでよくなるの?」というくらいソフトな施術です。
ですが1人か2人はボキボキするような矯正をする方もいます。
なぜなら、人の体はひとりひとり違う為、同じやり方でなんでも治るということはありえないからです。
最初はソフト刺激の施術から試し、どの手法で楽になるか確認しながら行います。
いきなりボキボキするような危険なことはしないのでご安心ください。

②内蔵機能を向上・ホルモンバランスを整える

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つの神経に分かれています。
副交感神経は、内臓を働かせる役割がある為、内臓の機能が低下していると体の回復力が低下します。
内臓には、自覚できる不調と自覚できない不調の2種類があります。
特に胃や腸などの不調は自覚しやすいです臓器です。
むくみは、腎臓に問題があると考える人は少ないでしょう。
腎臓の役割は、水分の排出や解毒などですが、腎臓の機能が低下すると水分の排出がうまくできなくなりむくみが生じます。
体のだるさや疲れやすさは、肝臓や胃下垂、副腎疲労などが影響しています。
病院に行っても指摘されない不調を、反射点を使った検査や不調のある部位の内臓を触診されると痛みを感じ当院に来て初めて自覚されます。
内臓の調整は必要に応じて行います。
当院では、胃、腸、肺、心臓、肝臓、膵臓、腎臓、膀胱、副腎、子宮・卵巣などの調整をする事ができます。
内臓調整は、直接内臓に働きかける手法、手の届かない部位はツボや反射を使った治療法を使って行います。

③呼吸の状態を安定させ不安感を軽減。

自律神経で唯一、自分でコントロールできるのは呼吸です。
呼吸が浅くなると、不安や焦りが強くなり、睡眠状態にも影響が生じます。
また、喘息や、気管支炎、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、動悸、不整脈のある方は呼吸が浅いです。
呼吸が浅いと自律神経が乱れやすく、焦燥感、不安感が強くなり眠りが浅くなります。
肺や喉、鼻に問題のある方は、必要に応じて治療を行います。
無意識に、深く呼吸ができるように鼻、肺、横隔膜、心臓の調整を行います。

④睡眠の質を高め回復力を高める。

不眠治療イメージ睡眠不足だと、頭もじゅうぶん働かず、パニック発作なども起こりやすくなります。
人間の体は、寝ている間に修復されます。
睡眠の質が悪いと内臓も休まらず、体の疲労も取れません。
不眠症は、睡眠時無呼吸症候群や後頭骨や仙骨の歪みが影響しています。
これらを改善し寝たら、疲れる体に戻していきます。

⑤生活指導で、悪化させる原因を取り除く

自律神経疾患でお悩みの方は、気付かないうちに、自分で悪くしている習慣を持っている方が多いです。
例えば、不眠症なのにカフェインを取りすぎているなど・・・。
これらを変えない限り、治療をしてよくなっても再び悪くなってしまいます。
無意識に行っている悪い習慣を見直すことで、改善の近道になります。

⑥カウンセリング・心理療法でストレスやトラウマを解消

1-DSC_0125心の治療体の状態が80%の状態まで改善したら、カウンセリング・心理療法に切り替えます。
せっかく体の状態がよくなっても、心因的な問題があれば再び悪くなってしまいます。
なぜなら、思考が体の悪い状態を作り出す原因となっているからです。
当院では、継続した心と体の状態の安定=改善と考えております。
心理療法の内容は、過去の分析、人間関係の修復、トラウマ、恐怖症、お別れのセラピー、葛藤などの問題を改善します。
来院時に、体の調子が悪ければ体の施術、心の調子が悪ければカウンセリングと臨機応変に行います。
過去のできごとは、変わりません。
ですが解釈を変えることで、ストレスがストレスでなくなることが可能です。

⑦脳の再教育と心理教育で自信の回復をサポート

心理教育イメージ体調が悪くなると今までできていたことができなくなり、自信を喪失しています。
明日から、自信満々の自分になれるかというとすぐになれるものではありません。
自信とは小さな成功体験を積みながら、時間をかけてなっていくものです。
私が、うつ病を克服できた理由は考え方を変えることでした。
7年かけてうつ病を克服し、その後も心理学を14年以上学び、心理学と私の経験を融合した、自分で問題解決する為の思考法をシンプルに分かりやすくお伝えしています。
こういう問題には、こう考えたらいいという思考法を持つことで、ぶれない自分でいられるようになり、ストレスに対応できるようになります。
状態が安定してからも、継続し来院することで復職や恐怖症の克服、再発予防のサポートができます。
来院時に悩みを相談できるので一人で悩む必要がなくなります。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約