ベーカー嚢腫

症状・部位:

症状

figure_suwaruベーカー嚢腫(べーかーのうしゅ)は、膝の裏側にある「滑液包」に炎症が起こり、関節液が溜まる病気です。

膝裏が腫れている状態のことを表しています。

ベーカー嚢腫になると、ゴルフボール半分ぐらいの大きさの塊ができてしまいます。

痛みは少ないといわれていますが、膝裏に違和感や圧迫感、多少の痛みの感覚が出ます。

また、膝の裏が突っ張って痛くなることもあるようです。

痛みはなくても、膝に違和感を感じると、膝を深く曲げにくくなり、歩きにくい、座ったときに気になる、といった感じになります。

原因

ベーカー嚢腫の原因は、膝が反り過ぎている、真っすぐ過ぎているなどの生理的な湾曲のなくなった膝の状態で、地面から受ける過剰な衝撃や体重による負担が繰り返され、その力が増えたことによります。

関節面に疲労が蓄積され、新陳代謝が衰えると、防御反応で関節液が溜まってしまいます。

体重が増えすぎたり、時間が経過すると、膝裏にある滑液包に炎症が起こります。

ベーカー嚢腫は、50代以降の女性に発症例が多くなっています。

女性は、「浮き指」や「外反母趾」などの症状が多いためで、膝の裏側に負担がかかり、脂肪が溜まりやすいようです。

似た症状を持つ病気や疾患

ベーカー嚢腫は、痛みをあまり感じません。

膝を曲げるときに膝裏に圧迫感があったり、しゃがみづらい、和式のトイレが難しい、膝裏の脂肪の塊が大きくなってきた、膝裏がむくんだように腫れている、膝裏にゴルフボールを半分にしたような腫れがあったりするものです。

滑液包の中の圧が強くなると炎症がひどくなります。

周囲の静脈を傷つけてしまい、血栓性静脈炎に似た症状を起こします。

ベーカー嚢腫のふくらみや破裂したベーカー嚢腫が、膝の後ろを通る膝窩静脈を圧迫し、その静脈に血栓性静脈炎を引き起こすというものです。

合併症

ベーカー嚢腫は、合併症が起こることのない疾患です。

ベーカー嚢腫の状態が続くと、不快感や苛立ちが長引きます。

症状が出たり治ったりします。

時間がたてば治るといわれていますが、そのままにしていると、腫れが長引いたり、激痛が走ります。

そして、軟骨の断裂のような、もともとあった障害に関わる合併症にかかることがあります。

いずれも、ベーカー嚢腫とは違った別の疾患が複合的に合わさって発症したものと考えられます。

悪化するとどうなるか?

ベーカー嚢腫は、膝の後ろにある「滑液包」で炎症が起こる疾患です。

その袋に水が溜まってこぶのような腫れができます。

変形性膝関節症にもこうした症状が見られます。

膝の裏に押し出されて出てしまい、腫瘤のように液が溜まってしまいます。

袋の中の滑液が多くなってくると、圧迫感が増し強く痛み、嚢胞が破裂します。

関節液が漏れて他の組織に炎症を生じさせてしまい、局所的な痛みや腫れを起こします。

また、膝の後ろにある血管がベーカー嚢腫に圧迫されて「血栓性静脈炎」を引き起こすことがあります。

「血栓性静脈炎」は、血の塊ができ、静脈を塞ぐ疾患です。

病院での診断基準

kenkoushindan_mriベーカー嚢腫は、医師が膝の触診をして、しこりの状態を確かめます。

片方の膝と比べて、どの程度膝を動かすことができるのかを確認して診断を行っています。

ライトを当ててベーカー嚢腫を見ると、中に液体が溜まっているのかどうかがわかります。

注意点は、ベーカー嚢腫が急激に大きくなる、痛みや発熱を伴う場合です。

その場合は、別の検査を受け、腫瘍なのかどうかを診断します。

その診断には、MRI(磁気共鳴画像診断)検査やエコー検査を行います。

MRI検査では、軟骨損傷の有無もはっきりとわかります。

X線検査では、ベーカー嚢腫を確認することはできません。

ただ、X線検査では、炎症や関節炎といった別の病気の有無を確かめることがあります。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

ベーカー嚢腫は、膝の裏に脂肪の塊ができる疾患です。

この疾患は、膝関節に負荷が積み重なったことで発症する疾患です。

ベーカー嚢腫を患ったと思ったら、膝関節に必要以上の無理な負荷がかからないように、膝を数か月固定します。

その後、リハビリをしっかりと実践すれば、以前と同じように膝の部分に負担もなく、運動ができるようになります。

一般的な治療法

sick_chuusyaベーカー嚢腫は、膝の裏に液体が溜まり、こぶのように膨らむ病気です。

その原因の一つに加齢が挙げられます。

50代以降の女性に多い疾患ですが、予防として、普段からの運動が一番効果的だとされています。

ベーカー嚢腫は、膝裏にできる良性腫瘍です。

良性であるため、強い痛みが少ないという傾向があります。

経過観察を行いますが、慢性的な痛みの場合は、薬剤注射や手術による摘出を行います。

痛みがひどくなれば、滑液の吸引を行います。

医師がしこりに針を刺し、関節から滑液を吸い取ります。

コルチゾンのような副腎皮質ホルモン剤をベーカー嚢腫に直接注射し、痛みを止めることがあります。

関節炎を患っている場合は、ベーカー嚢腫が再発する場合があり、手術で取り除く必要があります。

仙人堂での治療法

hp8仙人堂のベーカー嚢腫の治療法は、歪みを整え滑液包の炎症を押さえ、関節液を解消する特殊な治療を行います。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約