便秘

症状・部位:

3日間排便されなかったり、便が硬くて量が少ないなどの残便感があるような状態を便秘といいます。

男性よりも女性に多く見られ、便秘が悪化すると、お腹が痛む、食欲不振、おなかのハリ、腰痛、肌荒れがひどい、口臭が気になる、イライラがひどくなることがあります。

 

便秘の種類

unchi_character・機能性便秘

腸が人よりも長かったり、腸内に傷や腫瘍があるため、排便がスムーズにいかない状態をあらわします。

器質性便秘

胃や小腸、大腸、肛門などに疾患があり、それが原因で便秘になっている状態のことをいいます。

器質性便秘は、大腸ガン、腸閉塞、子宮筋腫などの病気の前兆でもあります。

発熱、吐き気や嘔吐、激しい腹痛がみられたり、便に血や粘液が混じっている場合はすみやかに病院で検査を受けることをオススメします。

原因

food_tenkabutsu・食生活

現代は、食生活が欧米化したことが便秘の原因と言われています。

コンビニやファーストフードなどが増え、便利になったのですが動物性タンパク質や脂質の多い食事やジャンクフード、間食を摂るようになった結果、栄養バランスが乱れ、食物繊維の不足し便秘になる人が大幅に増えてきたのだそうです。

また水分が足りないと、便が硬くなってしまい出ずらくなります。

・ダイエット

食事を制限するだけのダイエットをすると、腸内環境が悪くなり便秘になる方がいます。

運動を行わない為、腹筋などの筋力の低下も原因のひとつです。

無理にダイエットするよりも、腸内環境を整えながらダイエットしたほうが効果的です。

・運動不足

腹筋が弱いことにより、大腸の動きが悪くなります。

特に、高齢者や女性に多いです。

・ストレス

ストレスが多いと、副交感神経の働きが低下し腸の動きが悪くなります。

状態が悪くなると、過敏性腸症候群にもなることもあります。

●トラウマ

学生の頃、トイレで排便をする時にいじめられた経験がある方は、心因的にトイレに行くことをトラウマに感じ便秘になる方がいます。

・腸の捻れや腸が骨盤内に落下している。

骨盤内に内臓が垂れ下がっているような状態になっていたり、腸が捻じれたり、重なりあって腸が圧迫されている状態である。

排便のメカニズム

body_chou食物は胃や小腸で消化され、水分を含み液状から大腸へ、ゆっくり水分が吸収され便塊化(固形化)し、肛門へ運ばれ体外へ出ます。

また腸の働きは自律神経により、ぜん運動(便を外へ送りだすための働き)は、胃に食物が入ると指令で胃・結腸反射の動きが始まり、便が直腸に運ばれると大脳へ排便反射の指令がいくと便をうながすようになります。

これが、ストレスや腸の病気などで自律神経がうまく働かず、正常な腸のぜん運動が起こらず便が滞ると便秘になりやすく腸内の不調などを起こしやすくなるようです。

対策、セルフケア

 

junbiundou_kata・運動

ウオーキングや、トランポリンなどの簡単な運動を行いましょう。

・便意をガマンしない

便意を感じたら、ガマンせずトイレに行くようにしましょう。

・水分を摂る

朝起きたら、水を飲むようにする腸が刺激され出やすくなります。

寝ている間に、血液がドロドロになっているのでサラサラになる効果もあります。

一般的な便秘の治療法

medicine_capsule便秘の種類にもよりますが、生活療法、食事療法、運動療法など生活習慣の見直しを行いながら緩下剤などで薬物療法を行うそうです。

また異常がないか詳しく検査をして治療を選択していくそうです。

仙人堂での治療法

hp4便秘の方の、腸は捻じれていたり、骨盤内に落下しています。

このような、状態ですとスムーズに排便ができないのは無理もありません。

仙人堂では腸をほぐして宿便を、出やすくします。

その後根本的な、原因となる腸の捻れを解消する治療を行い、排便がスムーズにできるような腸内環境に改善していきます。

いくら治療しても生活習慣に問題があれば、再び悪くなってしまいます。

必要に応じて生活習慣の指導を行い、根本から改善していきます。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約