子宮内膜症

症状・部位:

こんな症状でお悩みではありませんか?

・月経痛とは違う痛みがある

・腰が痛い

・下腹部が痛む

・気分不快になりやすい

・お腹が下しやすい

・排便時に痛みがある

子宮内膜症とは

ijikeru_woman子宮内膜症とは、子宮内膜によく似た組織が、子宮内腔以外のところで増殖し続ける進行性の病気として知られています。

内膜症の細胞は、ホルモンの作用で月経のたびに出血を繰り返し、増殖したり、組織の中に入り込んだり、周りの臓器と癒着を起こしたりします。

20代〜40代に多く、月経のある女性の10人に1人は発症しているといわれており、近年増加しています。
月経によって症状が起こるので、閉経後は症状がおさまります。

症状と発生場所

子宮内膜症は、ほとんどが子宮の表面、ダグラス窩(子宮の後方)、卵巣、仙骨、子宮靭帯など骨盤内に発生します。
まれに、肺、手足、腎臓、横隔膜、胸、へそ、大腸、膀胱、手術の痕などにできることもあります。

病巣の進行度と症状は必ずしも一致するとは限らず、かなり進行していても自覚症状がない場合もあるようです。
月経痛、過多月経、不正出血、月経時以外の下腹部痛、性交痛、不妊などが主な症状として知られています。

人によっては、骨盤痛、股関節痛、脇腹痛、排卵痛、胸焼け、胸の張り、胃痛、便意、便秘、下痢、ガスが出る、下血、血便、血尿、貧血、残便感、鼻血、吐血、喉の痛み、喉が乾く、だるい、倦怠感、のぼせ、めまい、むくみ、寒気、気胸、動悸、頭痛、眠気、イライラする、抜け毛などの症状を訴えることがあります。

内膜症は、月経のたびに増殖を繰り返すので、発生した箇所でも出血があり、そのために臓器同士が癒着を起こすなど、痛みの原因を作ります。

腹膜子宮内膜症(ブルーベリースポット)

骨盤の中の下腹部内の腹膜の表面にできるもので、癒着ができやすく、多くの人に見られます。
子宮や卵巣の表面、ダグラス窩にできます。
ブルーベリーのように見えるので、ブルーベリースポットと呼ばれています。
自覚症状はほとんどない初期の段階です。

ダグラス窩閉塞

子宮内膜組織が、子宮の後ろ側と直腸との間のダグラス窩で増殖することがあります。
子宮と直腸の癒着が起こり、ダグラス窩が塞がります。
月経痛、排便痛、性交痛などの症状が特徴です。

卵巣嚢胞と卵巣嚢腫

❶ 卵巣嚢胞
A. チョコレート嚢胞
卵巣内の内膜症は、毎月の月経血が溜まった袋になり、血液は時間が経つとチョコレート色になるため、「チョコレート嚢胞」と呼ばれています。
大きさは関係なく、嚢胞が破裂することがあり、破裂が激しい痛みと炎症を引き起こします。
嚢胞が大きくなると、腸のぜん動運動が高まった時に捻れて激しい痛み伴う、「茎捻転」が起こります。

B. 黄体嚢胞
排卵期に出血が溜まってできる嚢胞のことをいいます。

❷ 卵巣嚢腫
A. 漿液性嚢胞腺腫
卵巣内に水のようなものが貯まることがあります。

B. 皮様嚢腫
卵巣内に脂肪、歯などの細胞が増殖します。

原因

子宮内膜症の原因は未だ解明されていませんが、いくつかの説があります。

月経血の逆流

月経血の一部が卵管から逆流し、子宮内膜が腹腔内に運ばれると、骨盤内に着床し、内膜症を引き起こすという説があります。
逆流は多くの人に見られますが、全ての人が内膜症になるわけではないので、免疫力が関係していると考えられます。

女性ホルモンの影響

子宮や卵管、膣の一部や膀胱、腹膜などは発生学的に同じ細胞から作られます。
その細胞は女性ホルモンのエストロゲンの作用を受けると子宮内膜と同じ組織が作られ、内膜症が発生するという説があります。
前立腺癌などの治療で睾丸を摘出した男性が、女性ホルモンを薬として使用した場合、内膜症がみられることがあります。

子宮内膜の他の部位への侵入

子宮内膜が、何らかの原因で子宮筋層から直腸、骨盤、膣に侵入していくという説もあります。

胎児の腹膜の影響

大人の腹膜に、胎児の腹膜の成分が残っており、何らかの刺激によって内膜に似た組織に変わり、内膜症の発生につながるといわれています。

環境ホルモンの影響

ダイオキシンなどの環境ホルモンは、毒性が強く、発ガン性、免疫系統に障害を与えるといわれています。
ダイオキシンは、エストロゲンと似た働きをして、内膜症を発症させるという説があります。

女性を取り巻く環境の変化

内膜症は近年増加しており、その原因として、女性の初経年齢の低下、晩婚化などによって、骨盤内臓器が月経血にさらされる回数が以前より増加していることが挙げられます。

子宮内膜症と遺伝との関係

近年では、子宮内膜症は遺伝性があるという説もあるようです。

悪化するとどうなるか?

卵巣に発生した内膜症(卵巣嚢腫)が悪化して4~5㎝になると、卵巣・子宮の全摘出手術が必要になる場合があります。
嚢腫が大きくなると、腹痛や腰痛、頻尿や便秘などが生じたり、卵巣の根元がねじれて激痛を伴う「茎捻転」を起こすことがあります。

子宮内膜症と不妊症との関係

不妊症を疑って婦人科を受診した女性の3割〜5割に子宮内膜症が見られます。

排卵障害

チョコレート嚢胞により、正常な卵子の成長と排卵に障害が起こることがあります。

卵胞が成熟しにくく、妊娠しずらくなります。

卵管通過障害

子宮内膜症があると、内膜組織の癒着によって臓器同士がくっつきます。

卵巣、卵管、子宮、直腸などが癒着すると動きが悪くなり、排卵障害、卵管采の動きが悪くなり、卵子をキャッチできなくなります。

卵管に癒着があれば、精子や卵子が卵管を通りにくくなります。

プロスタグランジンの放出

プロスタグランジンが放出されることによって、痛みを引き起こしたり、子宮が収縮されて流産を引き起こすことがあります。

また、プロスタグランジンは、排卵に影響を与えることもあります。

卵管の運動性に影響し、卵子が卵管に入りずらくなります。

サイトカインの放出

サイトカインが放出されることによって、卵巣、卵管、子宮に機能が障害されます。

マクロファージの動員

お腹の中に出血した血液を処理するためにマクロファージが動員、活性化し、マクロファージが精子を食べることがあるといわれています。

マクロファージは化学物質を放出し、卵、受精卵に影響し、発育を抑える作用もあります。

子宮内膜症に似た病気

子宮筋腫

子宮筋腫の主な症状に、月経痛、過多月経、性交痛、不妊などが挙げられます。

子宮筋腫の原因は女性ホルモンの影響と考えられています。

子宮筋腫と子宮内膜症との大きな違いは、子宮筋腫は、子宮内の筋肉が何らかの原因で変化をして腫瘍になったものであることに対し、子宮内膜症は、子宮内にできる病気ではないということです。

子宮内膜症は子宮筋腫との併発も多いことが分かっています。

子宮腺筋症

子宮腺筋症の主な症状として、月経痛、月経過多、不妊などが知られています。

子宮内膜症と症状が似ていますが、病巣ができる部位が異なります。

子宮腺筋症の場合、子宮内膜が子宮筋層内に生育し、月経時に内膜がはがれて出血を起こし、月経痛の原因になります。

月経異常が続くようであれば病気が進行する前に検査をし、子宮内膜症と子宮腺筋症との判別を行う必要があります。

婦人科での検査方法

現在、子宮内膜症と確定診断できる検査方法は腹腔鏡検査のみです。

お腹の中に内膜症が本当にあるかどうか、病巣の広がり具合を直接見て診断することができます。

しかし、腹腔鏡は通常、入院の上、全身麻酔が必要なため、誰でもできる検査方法ではありません。

腹腔鏡が必要な場合は、内膜症がかなり進行していて、薬などの治療では効果のない人、内視鏡を見ながらの病巣の切除、焼灼など外科的処置が必要な人で、不妊症を伴う人などが対象になります。

そのため、内膜症のほとんどは、内診や超音波、血液検査で診断します。

問診で内膜症の疑いがあると判断した場合、内診にてダグラス窩にしこりや圧痛があるかどうか、卵巣がはれていないかなどを調べます。

内診

子宮内膜症は、ダグラス窩に癒着することが多く、内診時に膣の中に指を入れて動かした時に痛みがあったり動きが悪いことがあります。

ダグラス窩の癒着のためか、内膜症の4割の人に子宮後屈が見られます。

膣の奥の方や後ろ側に痛みを伴ったしこりがある場合も内膜症を疑います。

腹部をおさえた時に痛みを感じたり、卵巣が腫れている場合はチョコレート嚢胞を疑います。

膣壁や外陰、会陰に暗紫色の小さなしこりがある場合は、腹腔外子宮内膜症を疑います。

直腸診

仙骨子宮靭帯の病変を発見するのに有効です。

仙骨子宮靭帯に子宮内膜症ができている場合には、靭帯が厚くなったり短縮しており、痛みを伴う硬いしこりを触れます。

超音波断層法

超音波断層法には、腹部にプローブをあてる「経腹法」と、膣内にプローブをあてる「経膣法」の2種類があります。

内膜症の初期の状態や、多くの人に見られる腹膜の病変は確認できず、癒着も分かりませんが、チョコート嚢胞は確認できます。

どういうタイプの卵巣嚢腫か、卵巣ガンの可能性が高いかも調べることができます。

内膜症進行時の腹水も見られます。

卵巣の悪性腫瘍との鑑別

血液検査による貧血の有無の確認、腫瘍マーカー(CA125・CA19-9)測定、子宮ガン検査の他、必要に応じてMRI、CTでの画像診断を行います。

血液中のCA-125という腫瘍マーカーが内膜症では高くなることがあり、このCA-125が高値であれば内膜症がある程度進んだ状態と考えられます。

腹腔鏡検査

腹腔鏡検査は、子宮内膜症と確定診断できる唯一の検査方法です。

かなり小さな内膜症の病変も確認でき、同時に電気メスで癒着の剥離や病変の焼灼ができます。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

鎮痛剤の服用

medicine_capsule市販の鎮痛剤を服用する場合、痛みの原因物質である「プロスタグランジン」の生成を抑える作用がある鎮痛剤を用いるのが効果的です。

この薬は、「プロスタグランジン」の生成が過剰になり、痛みが強く現れてから飲んだのでは遅いので、自分の痛みが起こるパターンを記憶して、月経痛が起こる前に服用するようにしましょう。

冷え性対策

ofuro_atatamaru月経中に体が冷えることで血流が滞ると、「プロスタグランジン」の生成が急激に増え、強い痛みを引き起こします。

冷え性対策をしっかり行うことで、痛みが楽になる場合があります。

自律神経を整える温冷浴(冷たい水と熱いお湯を交互に浴びる)や、下半身を効率良く温める半身浴、月経中の入浴に抵抗がある場合は足浴なども効果的です。

使い捨てカイロや温湿布などで腰や下腹部を温めるのも良いでしょう。

薄着やシャワーのみの入浴、冷たい飲み物や食事などは体を冷やす原因になるので控えるようにします。

骨盤内のうっ血を防ぐために、下半身を締め付けるようなきついガードルやジーンズは身につけないようにしましょう。

激しい運動も子宮の収縮を強くするので月経中は避けた方が良いでしょう。

食事では、根菜類を多めに、動物性脂肪は控えるようにし、血行を良くするためにビタミンEを含まれた食品を摂ると効果的です。

カフェインは月経痛を悪化させる要因になるので控えると良いです。

月経中は体に余計なストレスをかけずに、リラックスして過ごすようにしましょう。

アロマテラピー

アロマテラピーには、植物の香り成分で脳をダイレクトに刺激し、痛みをやわらげたり、憂うつな気分を抑えたり、月経痛を和らげる作用があります。

女性ホルモンの分泌を促進したり、ホルモンバランスを整えてくれる効果も期待できます。

婦人科での治療法

子宮内膜症の根本的な治療法は、卵巣・子宮自体の全摘出手術となります。

内膜症病巣を取り除いたり、薬物療法などを用いて、卵巣・子宮を残す保存療法もありますが、術後2年以内の再発の可能性は30%前後だといわれています。

経過観察

子宮内膜症による辛い症状がなく、妊娠を希望しない場合、治療せずに定期的に受診して、内膜症の進行がないかを調べます。

普段の生活では、基礎体温の測定、月経痛や体の状態などを記録します。

薬物療法

❶ 対症療法

A. 鎮痛剤
月経痛を緩和するために、非ステロイド系抗炎症薬を用います。

B. 漢方薬
即効性はありませんが、月経痛の緩和や、ホルモン療法による副作用の改善に効果が期待できます。

❸ ホルモン療法
子宮内膜症は、月経のたびごとに進行しますが、閉経すれば病床が萎縮して小さくなります。

妊娠、授乳中で月経がない期間も、進行や新たな病巣の発生が抑えられます。

このことを利用して、ホルモン剤を用いて月経のない状態を人工的に作ることができます。

保存療法の一貫として行うことが多い治療法で、使用中は、月経痛、骨盤内病変などが軽くなったり、なくなったり、再発までの期間を延ばすことができます。

❹ 偽閉経療法

ホルモン剤を用いて、一時的に閉経状態を作ることによって、月経痛や下腹部痛を緩和させたり、病気の進行を遅らせたりします。

病巣の収縮を目的とし、手術前に行われることが多いようです。

<GnRHアゴニスト療法>

GnRHアゴニスト療法では、下垂体に働きかけることによって性腺刺激ホルモンの分泌を抑え、エストロゲンを低下させることにより子宮内膜の増殖を抑え、病巣を萎縮させることができます。

<ダゾナール療法>

ダゾナールという合成ステロイド剤を使用して、直接子宮内膜症の細胞に働きかけて病巣を萎縮させることができます。

❺ 偽妊娠療法

<ピルによる治療法>

ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの作用を持つので、体が妊娠時と似たホルモン環境になることによって、排卵や月経がなくなり、内膜症の病巣を萎縮させることができます。

<黄体ホルモン(ディナゲスト)療法>

黄体ホルモンには内膜症の細胞を制御、萎縮させる作用があり、偽閉経療法に匹敵する効果があります。

手術療法

❶ 保存的手術

腹腔鏡下手術・開腹手術によって癒着を剥がしたり、チョコレート嚢胞を核出したり、腹膜病変の焼灼を行います。

❷ 準根治手術

開腹した時、健常と判断される卵巣の部分を残す手術です。

ホルモン分泌や妊娠の機能は温存されます。

❸ 根治手術

腹腔鏡下手術・開腹手術によって子宮と卵巣を全摘出します。

保存的治療で効果がなく、妊娠を希望しない人が対象になります。

内膜症が再発することはありませんが、人工的な更年期状態になるため、年齢によってはホルモン療法が必要になります。

仙人堂での子宮内膜症の治療法

dsc00253仙人堂では、骨盤の歪みの矯正と腸の機能を高め、体のツボを利用しホルモンバランスを整えます。

 


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約