変形性膝関節症

症状・部位:

こんな膝の痛みでお悩みではありませんか?

☑歩き始めの時に膝が痛む

☑立ち上がる時に膝が痛む

☑歩行中に膝が痛む

☑階段の昇り降りの時に膝が痛む

☑膝の部分が腫れたり、水が溜まる

変形性膝関節症とは?

koshi_magari_obaasan変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減っていく病気です。

加齢によるものですが、軟骨は変性し弾力性がなくなっていきます。

激しい運動ではなくても、日常生活で、過剰に負荷をかけたりすると、軟骨が損傷しかけらを生じます。

症状が進行すれば、骨が露出し、摩耗していきます。

変形性膝関節症の症状は、歩き始め、立ち上がり時、歩行時、階段昇降時に痛みを感じるものです。

さらに膝の部分が腫張したり、水種になったり、関節の可動域が制限されます。

0脚やX脚になり、歩行時も不安定になります。

どのような原因で生じるのか?

koshi_magari_ojiisan変形性膝関節症は、加齢と共に変形が進行していきます。

膝の部分の骨折や靭帯損傷などの外傷が原因で発症することがありますが、たいていの変形性膝関節症は、はっきりとした原因もなく、徐々に膝が痛みだし、症状がひどくなり変形性膝関節症の症状となることが多いようです。

原因がはっきりしないため、いろいろな原因が複合的に重なり、変形性膝関節症の症状を引き起こしていると考えられています。
例えば、加齢による関節軟骨の老化現象であったり、肥満による膝への負荷、O脚やX脚の人、老化による筋力低下、スポーツや肉体労働によるひざの酷使などが原因として挙げられています。

似た症状を持つ病気や疾患

変形性膝関節症と似た症状が出る病気には、関節リウマチや閉塞性動脈硬化症があります。

関節リウマチは、関節に痛みや腫れが起こります。

関節リウマチは、発熱や貧血を伴う全身の病気だという点に違いがあります。

閉塞性動脈硬化症は、足の動脈に動脈硬化が発生します。

血流が悪くなり、血管が詰まります。

足に十分な血液が送られないことから、痛みやしびれが起こります。

歩けなくなることもあります。

いずれも、痛みがある、歩けなくなる、腫れるなど、変形性膝関節症と同じ症状であったり、同時に発症する可能性の高い病気になります。

合併症

変形性膝関節症は、高齢者に多いことから、最終的には手術による治療を選択することが多くなります。

しかし、手術による治療は合併症のリスクが高くなります。

変形性膝関節症の手術をすれば、高齢であるほど、深部静脈血栓症、肺塞栓症、細菌感染、血清肝炎などの合併症を発症する可能性が高くなります。

他には、骨脆弱性軟骨下骨折と呼ばれる病気も起こりえます。こ

れは軟骨の摩耗・半月板の変性により、骨に荷重負荷がかかり、大腿骨や脛骨の部分で骨折を起こすものです。

病院での診断基準

kenkoushindan_monshin変形性膝関節症は、高齢者に多い病気です。

O脚やX脚などの方が多く、患者が診察室に入ってくるときの歩き方を観察するところからすでに診察が始まっています。

問診では、痛みや生活の状況、けがの履歴、視診、触診により、足の変形や腫れ・痛みを調べ、膝がどれだけ曲がるのかを丁寧に確認していきます。

そして、X線撮影、関節液検査などの詳しい検査を実施し、これらの結果を総合して診断していきます。

X線撮影では、骨の変形を確認しますが、関節部分には何も写らないので、判断が難しい場合は、膝の関節液を抜き取って病気の判定を行います。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

kaigo_rehabilitation変形性膝関節症では、予防・セルフケアとして、運動療法が採用されています。

症状を緩和し、病気の根本的な治療を行うことができます。

筋力をつければ、直接的な関節の負担が減ります。

運動により体重を減らすことで、肥満の方であれば、膝への負荷が大幅に減ります。

よく体を動かせば、血液が流れ、栄養が行き渡り、新陳代謝がよくなると、老廃物も排泄され、膝に溜まった水もなくなります。

関節の動きもよくなり、関節軟骨がすり減っていても、細胞が活性化すると繊維軟骨が再生されやすいこともわかっています。

一般的な治療法

medicine_capsule変形性膝関節症の治療法では、薬物療法、装具療法、温熱療法、運動療法が治療法としてよく採用されています。

しかし、症状が改善されない場合は、外科的治療を行います。

関節軟骨は完全な形には修復することはできません。

痛みを取り、膝が曲がらない、伸びきらない状態を改善し、病気の進行を遅らせて、膝の機能を高めることに重点が置かれています。

薬物療法は痛みを和らげたり、関節内にヒアルロン酸やステロイド剤を注射することで、痛みを和らげ、関節機能を改善できます。

患部を温める、冷やすなどの温熱療法も症状に応じて行っています。

外科的療法では、人工膝関節置換術、関節鏡視下郭清術、高位頚骨骨切り術などが治療法として用意されています。

仙人堂での治療法

dsc00643変形性膝関節症は、初期の段階では、膝の違和感を感じるだけです。休むと痛みがなくなりますが、そのまま放置しておくと、少しずつ病気が進行し症状が悪くなります。

痛みが自覚できるようになると、膝が完全に曲がらない、伸びきらないといった状態になります。

正座やしゃがみ込む動作も苦痛になります。

階段の昇降もつらくなってしまいます。

炎症が起きると、膝の周辺が腫れ、熱を持ったり、むくんだりします。

膝の変形がひどくなると、膝の部分にコリコリやガリガリといった軋轢音が出るような感覚がします。

最終的には、日常生活に支障をきたします。

外出して買い物をしたり、旅行したりすることもできなくなります。

外見的にも関節の変形が目で見てわかるようになります。

変形性膝関節症の方は、腓骨が前方と外側に歪んでいる為、歪みを解消しまっすぐな状態に戻す治療を行います。

猫背や背中が丸まっていると、治療をしてもすぐに戻ってしまう為、バランスの崩れた体の歪みも同時に治療します。

また、筋力のバランスが著しく崩れている為、リハビリや運動などで弱い部分の筋力の強化を並行して行う必要があります。

 

 


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約