血液恐怖症

症状・部位:

こんな症状でお悩みではありませんか?

☑血を見るのが恐い

☑血液を見ると失神、力が抜ける、体の震え、息切れ、動悸、めまい、吐き気、冷や汗が出る

☑生理がくるのが不安

血液恐怖症とは?

image血液恐怖症というのは、その名前の通り、血液を見て恐怖を感じるというものです。

しかしながら、ただ恐怖を感じるだけではなく、それによって身体的な症状が出ることもひとつの特徴です。

別名は「ヘモフォビア」です。

患者数は人口の5%ほどと言われていますので、単純に考えれば20人にひとりは血液恐怖症です。

そう考えると、よくある症状ともいえるでしょう。

具体的な男女比は明らかになっていないものの、どちらかというと血液恐怖症は女性のほうが多い傾向にあります。

年代別割合も明らかになっていないのですが、比較的若い世代の方が血液恐怖症に悩まされているようです。

どのような症状がでるのか?

tsukare_girl血液恐怖症の症状についてですが、恐怖感などの精神的な症状だけではなく、身体的な症状も出てきます。

失神する、力が抜ける、体が震える、息切れする、動悸がする、めまいがする、吐き気がする、冷や汗が出るといったことが症状として挙げられます。

病院や献血、採血などの確実に血液を見ることになるシーンで、こういった症状が出るのです。

人によっては症状が出てしまうからこそ採血ができないということも出てきます。

血液恐怖症の原因とは?

image血液恐怖症の発症率や割合に関しては明確な数値は発表されていないのですが、基本的に人口の5%ほどとなっています。

発症頻度としては、比較的高い傾向にあります。

こういった血液恐怖症の原因なのですが、基本的には過去のトラウマによるものが多いようです。

小さい頃に怪我をして大量に出血してしまった、またそういった現場を目撃してしまった・・・など血液に関係する嫌な思い出や出来事が原因となるようです。

女性の場合には、生理のときの衝撃がきっかけとなることもあります。

また、一方でハッキリとした原因がないままに血液恐怖症となってしまう方もいます。

基本的に血液恐怖症に限らず恐怖症に関しては遺伝するということはまずないのですが、身近な方が血液恐怖症である場合、伝染するような形で血液恐怖症となってしまうケースもあります。

悪化するとどうなるか?

sick_douki血液恐怖症というのは血液を実際に見たときに、失神する、力が抜ける、体が震える、息切れする、動悸がする、めまいがする、吐き気がする、冷や汗が出るといった症状が出てくるのですが、悪化してくると血液のことを思い浮かべたり、血液の話をしたりするだけでこういった症状が出てくるようになります。

つまり、実際に血液を見なくとも、血液の存在というものを意識しただけで症状が出てしまうのです。場合によっては、その場で倒れてしまうこともあるでしょう。

血液恐怖症に不向きな職業

image 血液恐怖症に不向きな職業としては、看護師や医師、警察などが挙げられます。

どれも業務中に血液を目にする機会が多いですし、目にするだけではなく実際に血液に触れるということも少なくありません。

また、調理系の職業も不向きといえるでしょう。

野菜やフルーツのみを調理するということであれば問題ないでしょうが、肉や魚をさばく機会があるとそこで血液を目にすることもあるでしょうし、直接手に触れることもあるでしょう。

包丁などを持っている状態で血液恐怖症の症状が出てしまうと、かなり危険です。

血液恐怖症だからこういった職業に就けないというわけではないものの、向いているとはいえないでしょう。

症状の軽い方であれば大丈夫でしょうが、症状の重い方であれば血液恐怖症を克服してからこういった職業を目指していったほうが無難です。

一般的な治療法

hanadi血液恐怖症の一般的な治療法としては、暴露療法というものが基本になってきます。

簡単に言ってしまえば、徐々に慣らしていく療法です。

というのも、血液恐怖症の方というのは無意識のうちに血液そのものを避けるようになります。

そこをあえて、血液の画像を見てみたり、映像を見てみたり・・・という形で接触するようにして、血液に慣らしていくのです。

もちろん、程度の軽いものから徐々に慣らしていく形になります。

心療内科や精神科などの病院に行って診察してもらうこともできますし、人によっては自力で克服することができたというケースもあります。

血液恐怖症の症状というのは人によって軽さや重さが異なってくるものの、克服が難しい症状ではありません。

血液恐怖症と一生向き合っていくという選択も確かにありますが、もし生活に支障が出ているのであれば血液恐怖症を克服する方向で治療をおこなっていくほうがいいでしょう。

仙人堂での治療法

dsc00097血液恐怖症でお悩みの方は、出血に関する潜在的なトラウマをお持ちです。

改善する為には、血液恐怖症になる以前の出血に関するトラウマと現在気になるトラウマの両方を解消しなくてはなりません。

当院では、トラウマを解消する5種類の心理療法があります。

トラウマをすべて解消し、恐怖症を克服していきましょう。

 

 

 


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約