冷え性

症状・部位:

冷え性とは、病名ではなく症状の名前です。image

足先などの末端が冷える状態をあらわします。

冷え性や低体温は、血液の循環が悪いことに原因があります。

血液循環には、肺循環と体循環があって、肺循環とは肺と心臓に結ぶもの。

体循環は、心臓と全身の細胞を動脈で結ぶルートのことです。

冷え性や低体温は、充分な熱を生産できなかったり、毛細血管(動脈の折り返し点)を通過しにくい状態です。

毛細血管とは、60兆個ある全身の細胞に酸素や栄養、そして「熱」の受け渡しが行われている所を表します。

冷え性の原因

ストレスによる自律神経の乱れ

自律神経がバランスを崩してしまうと、体温の調節が厳しくなり血液のコントロールも困難になってしまいます。

水分不足・アルコール

水分不足やアルコールの影響で、血液速の度が遅くなり、ドロドロした粘りのある状態になり全身に流れにくくなります。血液の主成分である赤血球は、柔軟で変形能力に優れており、その能力を活かしてどんなに細かい毛細血管までも、サラサラとスムーズに流れることができます。

しかし、水分不足やアルコールの影響で赤血球が柔軟性を失い硬くなる。赤血球が必要以上に増える。何個もくっつくなど詰まりやすい状態になり、血液が滞ってしまいます。

食生活

塩分や脂質、炭水化物の過剰摂取、連日のファーストフードなどの偏った食生活が影響します。

脂質など過剰摂取によって赤血球は柔軟性を失っていき、血液の流れは悪くなってしまいます。

食べ物には、体を温めるものと冷やすものがあります。

体を冷やす食べ物は陰性、温める食べ物は陽性いいます。

・陰性の食べ物

バナナ、オレンジ、りんご、ナス、きゃべつ、トマト、砂糖、酢

・陽性の食べ物

肉類(牛・豚・鳥・羊)、魚類(鮭・鯖・鯵)、塩、味噌、梅干、根菜類

南国で摂れる果物は体を冷やす、寒い土地で摂れる根菜類は体を温めます。

現代では食べ物があふれ海外の食品も簡単に手にはいります。

昔の人達は自分の生まれ育った土地で摂れた物を必然的に食べるしかありません。

その土地で暮らす人達は、環境に合った食べ物でバランスが保たれていました。

現代は、食べ物があふれ海外の食品も簡単に手に入ります。

食生活の乱れが、冷え性を招く原因なのです。

冷え性の方は、体を温める食事を心がけましょう。

 

運動不足

筋肉には、血液を送り出す重要な役割があります。

通常、血液は筋肉内に流れている為、運動で筋肉を使うことで体は温まり、血行もよくなります。

しかし、運動不足により筋肉を使わないと筋力が低下し、血液を送り出す力も弱まります。

そして、筋肉を使わないことにより、血管が刺激されずに血液の流れはどんどん悪くなっていきます。

衣類などの締め付け

きつい靴下、下着などによる締め付けを行うことによって、血行が鈍くなり体の隅々まで血液が届きにくくなってしまいます。

冷え性と色の関係

色には体を温める色と冷やす色があります。

代表的な色だと赤は交感神経を刺激して心拍数を上げる。

青は副交感神経を刺激して心拍数を落ちつかせる。

心拍数を上げると言うことは陽性のからだを作り温めるということになります。

冬場にサーフィンをする人はサーフボードやウエットスーツの色を暖色系の色にすると冬のモチベーションも上がりそうですね。(笑)

ちなみに当院では副交感神経を刺激する為に、暖色系の色を多く使っています。

冷え性と自律神経

ストレスの多い方は、交感神経が優位になりがちです。

交換神経は心臓や脳に血液が優先的に巡るように働く神経なので、過度のストレスを受けると血管を収縮させ心拍数を活発にさせます。

その結果からだの末端に血液が巡りにくくなるのです。

自律神経失調症からくる冷え性はこのようにしておきているのですね。

副交換神経は車で言うとブレーキの役割をしています。

副交換神経が優位になっている時は体がリラックスしやすい状態にあり、血管を弛緩します。

ストレスを感じる事の多い世の中ですが、いかにストレスを溜めないように生きていくかが大切ですね。

冷えから来る病気

medical_funin_soudan肩こり・腰痛・頭痛・膀胱炎・リウマチ・生理痛・生理不順・不妊症・膠原病・がんなど

特に女性は、鉄分などのミネラルを失いやすいので自律神経が乱れやすく、冷えと共に便秘や貧血などの症状になりやすいものです。

また、便秘になると腸が鉄分の栄養を吸収しずらくなる為、生理痛や子宮筋腫の原因になります。

仙人堂の冷え性の治療法

冷え性の方は、おへその裏側にあるリンパの貯水庫のようなものが冷えています。下川先生写真

この水を温める治療を行うと、冷えや低体温が解消されます。

冷え性は、治らないとあきらめている方も多いと思います。

どこに行ってもよくならない冷え性でお悩みの方は、仙人堂にお越しください。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約