更年期障害

症状・部位:

kounenki_woman更年期障害とは、様々な不定愁訴が現れ、女性では卵巣の機能低下でエストロゲン低下・欠乏などでホルモンバランスが崩れ起こります。

性成熟期から生殖不能期への移行期(50歳前後くらい)の方にみられるといわれ、男性でも加齢やストレスで男性ホルモンのテストステロンの低下などで40歳以降にみられるとます。

女性

頻脈(脈が早い)、
ホットフラッシュ(1年~数年続くともいわれる)、
多汗、
頭痛、
動悸、
血圧が上がったり下がったりする、
口の渇き、
耳鳴り、
不眠、
疲労感、
頻尿、
下痢や便秘、
腰痛、
知覚過敏、
生理不順、
性交痛など。

神的では、イライラ、抑くうつ気分、ヒステリー、情緒不安定など自律神経失調症のような症状が現れます。

男性

性欲低下、
ED、
発汗、
ほてり、
関節・筋肉の関連症状など。

精神的には、抑うつ、睡眠障害、落胆、疲労感、不安感、集中・記憶力の低下などが現れます。

更年期障害と間違われやすい病気

高血圧、
メニエール病、
婦人科系の症状、
甲状腺機能低下症、
糖尿病などの生活習慣病、
視力低下、内臓の病気、
自律神経失調症、
うつ病

更年期障害の原因

・女性

閉経後(前後)の卵巣機能の低下で卵巣から分泌される女性ホルモンの1つ卵胞ホルモンの量が減少。

・男性

加齢やストレスなどで男性ホルモン(テストステロン)の血中量の減少。

また、若い頃の無理なダイエット、不規則な生活・食事によりホルモンバランスが乱れ、環境の変化、加齢、ストレスなども原因であるといわれています。

 

更年期の対策・セルフケア

更年期といわれる年齢層の方で心身共に違和感を感じるようでしたら、専門の機関への受診をし、原因を早期発見することをオススメします。

必ず適切な指示により対処をしていきます。

日常生活でも、なるべくストレスを溜めない生活(食、睡眠、生活していく環境を整えるなど)を送り、体調の変化と上手につき合っていく習慣を身に着けるように努めていきます。

病院での更年期障害の治療法

減ってしまったエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法。

閉経後骨粗しょう症の予防と改善、知覚異常、自律神経系の不調の改善、血管運動系の症状の改善、専門のカウンセラーによるカウンセリング、漢方による治療、精神神経症状の場合は抗うつ薬や抗不安薬での治療などを行うようです。

当院での治療法

ほてりは、背骨の歪みが影響している為歪みの矯正を行います。

反射点を使いホルモンバランスを整え、原因となる臓器の治療を行い自律神経のバランスを整えます。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約