双曲性障害(躁うつ病)

症状・部位:

こんな症状でお悩みではありませんか?

☑疲れを感じることなく、気分はハイな状態であり、休むことなく活動的になる

☑元気だと思っていたらうつ状態に陥ることがある

☑上記の2つを繰り返す

双曲性障害とは

tameiki_businessman双曲性障害は、躁、うつ状態の病相を繰り返す精神疾患のひとつであり、精神疾患のカテゴリーの中では、気分障害に属し、慢性の病気と言えます。

以前は「躁うつ病」と呼ばれていました。現在では、躁、うつの両面が診られる、真逆の症状が診られるとのことから、双曲性障害とよばれるようになり、症状名の由来です。

また、双極性障害は、「躁」の症状に応じて「双極Ⅰ型」と「双極Ⅱ型」に分けられています。

どちらもうつ状態があることが前提であり、激しい躁状態が起こる双極性障害を「双極I型障害」といいます。

軽躁状態が起こる双極性障害を「双極II型障害」といいます。

双曲性障害は、他の精神疾患と比べ、治療法や対処法が比較的整っている病気といえます。

医療機関を受診し、医師主導の下、薬でコントロールを行えばQOL(生活の質)を損なわない、以前と変わらぬ生活を送ることが十分に可能です。

 

どのような症状が生じるのか?

hysteric_woman・双曲性障害の代表的症状は2つあります。

躁、軽躁状態です。

躁状態は疲れを感じることなく、気分はハイ状態であり、休むことなく活動的になったり、時には不機嫌、墳怒したりと家族、友人、会社の同僚などは疲労困憊してしまうなどのケースがみられます。

軽躁状態は躁状態同様にハイ状態ではあるのですが、躁状態の患者さんのように周囲に迷惑をかけるといった行動はとらないようです。

ただ、周囲の人間は行き過ぎだと感じるようです。

危惧する点は、この2つの症状においては、本人が病気を患っていることが無自覚であり、生活の場で火種、トラブルが起きてしまうことです。

患者さんは気分爽快で調子が良いとの認識である反面、火消しに回るのは周囲の人間であり、コミュニケーション離れ、患者さんが疎外してしまうなどの事例もありますので異変に気づいたら注意する必要があります。

 

原因

・双曲性障害を発症する真の原因は解っていません。

ただ、精神疾患の中でも稀なゲノムなどの染色体レベルで起因しているのではと言われています。

今後の解析でより詳しくなっていくことでしょう。

また、単なるこころの悩みとは違いますので、カウンセリングや確固たるエビデンスのない精神療法などでは治療は難しい為、心と体の治療が必要になります。

双曲性障害と似た病気、同時に発生しやすい病気

・双曲性障害と似た病気として、強迫性パーソナリティー障害、境界性人格障害などがあります。

 

悪化するどうなるか?

couple_okoru_man・双曲性障害は軽度の風邪のように自然治癒することはありません。

「重症化」、「悪化」する前に、発症を疑ったら必ず医療機関にて診察を受けることが重要です。

双曲性障害を放置してしまうと何度も躁状態とうつ状態を繰り返し、「症状」の項でもご説明したように家庭、職場内において人間関係、社会的信用を失います。

また、友人間のトラブルなども発生してしまい実生活のあらゆる面において基盤が大きく損なわれてしまうのが、この病気の怖い面であり、特徴です。

双極性障害は、数多くある精神疾患の中でも治療法が整っている病気ですので早期に医療機関を受診することをお勧めします。

 

病院での診断基準

monshin_women双曲性障害の診断基準ですが、「視診」「問診」が診断の基準となります。

発症した本人は無自覚であるため、家族同席の下、問診から始めます。

治療方法についての食い違い、誤認識がないことと、患者さんが、「私のいないところで何か企んでいるのでは?」とのおもいを描かないために基本、ご家族全員で問診を行います。

血液、画像検査などによるデータが得られないため、診断(双極性のうつ状態とうつ病のうつ状態の症状はほぼ同じなど。治療方針を直ぐに決めるのは困難です。)が非常に難しいのが特徴です。

 

双極性障害の対策

thumbnail_fukushikikokyu双曲性障害の対策としては100%これといったものは解っていません。

しかし、睡眠不足やストレスによって脳内の神経伝達物質のバランスが乱れることが発症に繋がると唱える方もいます。

精神疾患であるのでやはりストレスを溜めないことが重要のようです。

 

病院での治療法

双曲性障害の治療は、薬の服用が有効であり、代表的な薬は「リチウム」です。

この薬は、患者さんの現状からの回復効果、躁、うつ状態の予防効果などが挙げられます。

ただ、使用方法が難易(血中濃度のコントロールが必要)で副作用が非常に強い薬ですので医師主導の下で服用を行います。

medicine_capsule副作用も個人差があり、意識混濁、甲状腺機能低下が診られる場合がありますので注意が必要です。

 

双曲性障害の症状に効果的な食事

seikatsu_syukan_woman_good100%覿面とは解っておりませんが、双曲性障害の症状に効果的であると言われている食事は、ビタミンB群を摂取すると良いと言われています。

ビタミンB6は心を落ち着かせる安定作用があるようです。B12は神経細胞の再生に作用します。

ココアやチョコレートに含まれているGABAも良いようです。

少量であれば問題ありませんが、カフェインの摂取には気を付けた方がよいようです。

どの病気にも言えることですが、やはり、栄養バランスを無視した偏った食生活は厳禁だということです。

仙人堂での双極性障害の治療法

dsc00512双極性障害は、躁とうつの状態を繰り返す病気の為、躁状態の時は治ったと勘違いしてしまい来院をやめてしまう方がいます。

これでは、せっかく治療したことが無駄になってしまい同じことの繰り返しになってしまいます。

このことを理解し継続して、治療を行えば双極性障害はよくなります。

うつ病の治療と同様に、体の状態を優先的に治療し、心の治療を行うことで改善することができます。

 


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約