めまい

症状・部位:

めまいの種類

めまいは、4種類のめまいに分かれています。sick_memai

・浮遊性のめまい(ふわふわ)、

・回転性のめまい(グルグルと目が回る)、

・立ち上がる時に起こる起立性低血圧(立ちくらみ)、

・寝返りや起き上がった時に起こる良性発作性頭位めまい症があります。

めまいは、意識を失い倒れてしまう危険がある為注意が必要です。

浮遊性めまい(フワフワするめまい)

頭がフワッとしたり、フワフワとするするめまいは浮遊性のめまいと言います。

内耳で感じた平衡感覚を処理する中枢と言われる脳の障害が原因です。

脳の障害と言っても、脳の機能が少し低下している程度です。

病院で検査をして「異常が無いと言われた」場合はこのタイプになります。

回転性のめまい

グルグルと目が回り立っていられない、まわりの景色がグルグル回って見えるめまいは、回転性のめまいと言います。

回転性のめまいは、耳の障害が原因です。

耳に何らかの障害が生じると、体のバランスを保つ平衡感覚が乱れて、回転性のめまいが生じます。

ひどい方では、吐いてしまう方もいます。

平衡感覚と聴覚器官は隣り合っている為、めまい、耳鳴り、耳の詰まり、難聴などの症状を併発する場合もあります。

メニエール病・突発性難聴・内耳炎・前庭神経炎などがこれにあたります。

起立性低血圧

イスから立ち上がる時、クラクラとする方を起立性低血圧と言います。

中には倒れたり、倒れた時に記憶をなくす方もいますが、これは血管の収縮障害が原因です。

イスから立ち上がった時は、座っている時の高さと比べ頭が50センチほど高くなります。

たった時に血液を50センチ分高くもちあげられないと脳に血液がこないので立ちくらみになります。

また、糖尿病のような脂質異常などで脳の血流障害を起こし立ちくらみのようなめまいを引き起こす事もあります。

めまいに加え、自律神経に関する症状がいくつも同時に起きる場合は自律神経失調症や更年期障害が考えられます。

良性発作性頭位めまい症

サッカーの澤選手がなったことで有名なめまいです。

寝返りを打った時や、布団から起き上がる時に起こります。

脳の血管が詰まる脳梗塞、脳に腫瘍ができる脳腫瘍など、脳に何らかの障害が起きると体の平衡感覚を保つ脳幹や小脳の働きが悪くなり、めまいのの症状が現れやすくなります。

めまいに加えて、頭痛、意識障害、手足のシビレ、顔面麻痺、物が二重に見える、下が二重にもつれると言った神経症状を伴う場合は、すぐに脳神経外科や神経内科を受診して下さい。

めまいの原因

三半規管の異常

めまいの方は、頭蓋骨の側頭部の骨のが歪んでいたり、動きが悪い方が多いです。

側頭骨には、平衛感覚のセンサーである三半規管があり、三半規管にはめまいを防ぐ役割があります。

頭蓋骨は、本来呼吸と連動し動いているのですが、なんらかの問題があります。

その原因のひとつが、ストレスによるくいしばりです。

ストレスやガマンすることが多い方は、無意識に歯を食いしばっています。

歯を食いしばると、側頭筋という筋肉が緊張します。

側頭筋の内側には側頭骨がある為、くいしばりがひどいと歪みや動きを悪くさせめまいが生じます。

頸椎の1番からは、自律神経が出ている為、首の歪みはめまいに影響しています。

 感染

耳帯状疱疹、内耳炎、中耳炎、前庭神経炎、メニエール病、多発性硬化症、神経梅毒、パニック発作

外傷によるもの

内耳挫傷、外リンパ瘻、側頭骨の骨折、鼓膜が破れる

腫瘍によるもの

聴神経腫瘍、小脳矯各部腫瘍、

007仙人堂では、めまいのタイプに合わせて異なった治療を行っております。

主に首・頭蓋骨の歪みを矯正するのですが、良性発作性頭位めまい症、起立性低血圧は当院独自の治療法を行います。

動けなくなるほどひどくなると来院するのも難しくなってしまいます。

めまいでお悩みの方は、ご相談ください。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約