リウマチ

症状・部位:

kansetsutsuu_tekubiリウマチとは、炎症性の自己免疫疾患で自己の免疫が手・足の関節に関節痛・関節の変形が生じる代表的な膠原病の1つとされており、厚生労働省により特定疾患とされています。

以前は、慢性関節リウマチとよばれていましたが、急発生するため関節リウマチに名前を変更されております。

初期の段階で朝の強張り。

関節周辺の腱・筋肉・骨などにジンジン、ズキズキとした痛み(疼痛全般)、
腫れる、
熱っぽい、
体がだるいなどの倦怠感などが現れます。

また、5~10分程度の強張りは他の病気や疾患の可能性があります。

1時間以上の強張りが続くと関節痛が指や手に生じ、首、肘、下肢の膝などに生じ、動こうとすると痛みが増してきます。

関節炎が進行・悪化すると関節が変形し、炎症により滑膜(関節をスムーズに動かせる関節液)の異常増加で軟骨破壊が起きると関節の機能を失ってしまいます。

滑膜が完全に消失すると痛みは消えるようですが、日常では細かい作業がしにくい、物がつかめない、歩行困難、合併症状を起こすなど生活に支障をきたします。

リウマチの種類、似たような病気、

悪性関節リウマチ、
二次性アミロイドーシス、
レイノー現象、
シェーグレン症候群、
ドライアイ、
乾燥性角膜炎、
気道変病、
間質性肺炎、
胸膜病変、
睡眠時無呼吸症候群、
心膜症、
うつ病、
バセドウ病、
橋本病、
皮下出血、
抹消神経炎、
貧血、
感染症、
薬の副作用など

また合併症状として現れることもあります。

原因

ハッキリとはわかっていませんが、免疫異常といわれています。

細菌・ウイルスを無効化するための自己抗体(体を守るための免疫)が関節を守る組織、軟骨、骨を外敵と間違え攻撃し、破壊したことによるといわれています。

また、疲労、ストレス、遺伝も原因の1つではないかといわれています。

対策としては、長時間の強張りを感じたり、他の症状を感じるようでしたら専門の機関への受診をお勧めします。

リウマチについて知ることが重要です。

また適切な指示により、適切な体温調節、適度な運動を心がけ、ストレスをかけないようにします。

なるべく、生活に支障をきたさないよう努めます。

病院での治療法

局所と全身に分けられるそうですが、症状や状態により基礎治療、炎症を抑えるための薬物治療、リハビリ、手術などを行うようです。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約