顎関節症

症状・部位:

顎関節症の症状とは?

body_zugaikotsu顎関節症は、口を開け閉めする度に痛みが出たり、口が開かなくなったりする症状です。

顎関節症にかかると、カクンという音が鳴ることがあります。

他に口が開かなくなったり、顎を動かす筋に痛みが出ることがあります。

最悪は顎関節の骨が変形してしまっている状態です。

たいていの場合、口が開かなくなったり、カクンという音がする症状が多くなります。

顎を動かしたときの音は、カクンという音の他に、ジャリッという音やミシミシという音もよく聞かれます。

どのような原因で発症するのか?

顎関節症の原因は、多くは噛み合わせに問題がある、ということです。

噛み合わせが悪いと関節の周りの筋肉にアンバランスな力が加わります。

そして、首の筋肉が疲労し、歯がすり減ったりするなど、さまざまな症状を引き起こします。

歯並びとも関わりがありますが、金属やプラスチックのかぶせ物が壊れたり、歯を抜いたせいで、歯並びや噛み合わせが悪くなることがあります。

長い年月を経ると、少しずつではありますが、顎の関節や筋肉に悪影響を及ぼします。

他にも顎の片方だけで噛んだり、歯ぎしりやストレス、無理な姿勢による顎の筋肉の負担が原因となることがあります。

珍しいところでは、楽器の演奏でも痛みを引き起こすことがあります。

似た症状を持つ病気や疾患

顎関節症は、一生に一度かかるか、かからないかといった病気ですが、その症状を持つ人は意外に多いと考えてください。

顎関節症を発症しても、自然に症状が消える場合がありますが、そのままにしていると、難治性顎関節症になってしまうことがあります。

この場合は、顎関節症ではない似たような病気として考えられます。

頭痛を併発している場合は、脳血管障害、脳腫瘍などの可能性もあります。

全身の関節痛や外耳炎、精神疾患などでも、顎関節症と似た症状が出ることがあります。

合併症

virus_zutsuu顎関節症は、顎の関節の音がしたり、口を開けると顎の関節が痛い、または筋肉が痛くなったり、口が開かなくなったりする症状が特徴的です。

そして、合併症として全身症状が出てきます。

よく見られる合併症には、頭痛、腰痛、耳鳴り、難聴、首の部分の肩凝り、腕や指のしびれなどがあります。

他にもノイローゼ、不眠症、めまい、立ちくらみなども症状としてよく見られます。

顎関節にのみ痛みが発症する場合と、全身に症状が及ぶ場合があります。

また、全身の症状が先行することもあります。

悪化するとどうなるか?

軽い顎関節症の症状が出たにもかかわらず、そのままにしていることがあります。

時間をかけて治療をすれば完治しますが、途中で治療をやめてしまうと、口が開けにくくなり、日常生活で行う食事や会話が難しくなってきます。

顔が歪んでくることもあります。

最終的には顎の骨が変形します。

歯の噛み合わせにも違和感が出て、歯列にすき間ができます。

その後、全身の痛みや耳、目、口などの痛みへと発展していきます。

他にも女性なら生理痛や更年期障害が悪化したり、呼吸困難、四肢のしびれが起こることがあります。

病院での診断基準

kenkoushindan_mri顎関節症の場合は、歯科での治療が一般的ですが、顎以外にも耳や顔に痛みが出る場合は、耳鼻科や整形外科などで診断する場合もあります。

その他、虫歯やむち打ち症などを患っている場合も治療や診断には注意が必要です。

実際の診断では問診の他、視診や触診による診断が主流です。

他には、開口量の検査、X線、MRIなどの画像診断も使い、関節の障害を調べることがあります。

必要に応じて、節電図検査、関節鏡視検査、顎運動検査、咬合力検査、心理状態や性格を調べる検査なども行われます。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

顎関節症の治療では、プラスチック製のマウスピース、スプリントを用いた治療法が一般的です。

自宅で行う治療法やセルフケアでは、市販の鎮痛薬で痛みを抑えることが一般的です。

急性の顎関節症では、痛みに部分に氷を入れたビニールをタオルで包んで冷やします。

10分ほど冷やし、冷やしすぎないように、顎関節を動かす運動を繰り返します。

慢性の顎関節症では、血行をよくするために逆に温めを行います。

マッサージも有効ですし、固いものを食べるのを控えるといいでしょう。

一般的な治療法

顎関節症の一般的な治療法は、手術をしない保存療法が基本になっています。

一般的には、マウスピースを使ったスプリントと呼ばれる器具を歯に装着して正しい噛み合わせに調整していく治療法が採用されます。

他に咀嚼筋を電気でマッサージする「マイオモニター療法」、温湿布などは、顎関節の血行を促進する目的で行い、筋肉の緊張をほぐし、関節などの修復を早めます。

痛みや炎症を鎮める目的で、薬物を使う場合があります。

消炎鎮痛剤や筋弛緩剤、精神安定剤が使用されます。

手術による、顎関節症の治療法では、パンピング・マニピュレーション、関節腔内洗浄療法、関節鏡視下手術などを行います。

入院やリハビリが必要な手術もあり、痛みや症状の程度に応じて、いろいろな治療法を組み合わせて治療を行います。

仙人堂での顎関節の治療法

007顎関節症は、前後左右に顎の歪みがあります。

この歪みを、正しい位置に戻すことで痛みやクリックは改善されます。

矯正は、ほとんど痛みがありませんのでご安心ください。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約