テニス肘

症状・部位:

このような肘の痛みでお悩みではありませんか?

☑手に力を入れると痛い。
☑物を持ち上げにくい。
☑じっとしていても鈍痛を感じる。

テニス肘の症状

soft_tennisテニス肘の症状は、だいたいは手の関節から肘の関節付近までに炎症を起こし痛みとして表れます。

近年、この症状を発症するのはスポーツのテニスだけではなく、パソコン、スマートフォンの普及や手首を酷使する職の方にもみられ、病院ではテニスをしていないのにテニス肘と診断される方が増加しています。

テニス肘になりやすい年齢層

年齢層は30~50代の中年以降の方に多くみられますが、腕や、体の使い方次第では年齢層は幅広いと思います。

テニス肘の種類

種類としては、

肘の内側(上腕内側上顆)、
外側(上腕外側上顆)

の2種類があります

テニス肘の原因

一般的な原因は、テニスでバックハンドストローク(押していない状態から押し上げた状態までの接触移動(量))、などのボールに当たる衝撃で、手首から肘の付着部の筋肉に無理な圧をかけ動かし、過度な負荷をかけたり、掌に向かって長時間伸ばしたり、背屈折動作の繰り返しなどと、何度も同じ動作を繰り返したことにより軽度の筋肉断裂や損傷したりして炎症が起きたりとされます。

また、年齢を重ねた加齢による腱や筋肉の衰えからも発生すると言われています。

一般的なテニス肘の治療法

kenkoushindan_monshin病院での治療は、前腕の筋肉を鍛える、ストレッチ、テーピング固定、電気療法、痛み止めの飲み薬、患部付近への鎮痛剤入りの注射など多くありますが、このような保存療法が無効な場合は、診断によっては筋肉が断裂した箇所を切開、縫合する手術、部分切除の手術などがあるようです。

テニス肘の対策

sports_tennis対策は炎症が酷い場合は安静にしてることを優先とし、運動をひかえます。

フォームの改良、ラケットの選択、専用のサポーターを着用、肘を使いすぎたらアイシングするなどし再発のリスクを抑えたり、良好と診断をされた場合は、医者や的確な指導者の指示により慢性化することを抑るえためにも前腕ストレッチを行うなどします。

また、運動以外でも腕全体を使いすぎたり、疲れを感じたら、適度に休憩し緊張をとるためにもリラックスを兼ねて腕を使うことを控えて下さい。

テニス肘の治療なら、私におまかせください。

dsc00315

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テニス肘でお悩みではありませんか?

診断名はテニス肘でも、テニス以外の原因で肘を痛める方がとても多いです。

治らないと悩んでいる方がとても多く、その理由のひとつとして治療をしてもすぐに痛みが戻りやすいからです。

テニス肘は肘より下の外側の骨(橈骨)が上方に歪み、二の腕の骨(上腕骨)と擦れて痛みがでています。

橈骨の位置をやさしく正しい状態に戻すことで、多くの方が改善されています。

繰り返し、なるべく間隔を空けないで治療をすれば必ずよくなる疾患です。

治療後すぐに痛みが戻っても、心配しないでください。

痛みを気にせず、あたりまえの日常生活を取り戻しましょう。

%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%ab%e7%89%b9%e5%85%b8

 

 

 

 

 

 


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約