母指CM関節症(親指の付け根が痛む)

症状・部位:

こんな症状でお悩みではありませんか?

☑︎ドアノブを回すと痛む

☑︎はさみを使うと痛い

☑︎ビンの蓋が痛くて開けられない

母指CM関節症とは?

smartphone_kensyouen母指CM関節症は、親指の付け根の部分に発症し、親指が痛み、ものとつまむことができにくくなります。

母指CM関節症にかかると、ドアノブを回す、はさみを使う、ビンの蓋を開ける、といった細かな作業がしにくくなり、日常生活での動作が困難になります。

痛いからといって、何もしないまま放置していると、痛みが慢性化します。

女性に多く、特に更年期以降の女性の手指の変形性関節症などと似た症状だといってもいいでしょう。

原因

母指CM関節症は、手の使い過ぎや加齢により、第1中手骨と大菱形骨の間にある、鞍状の関節軟骨が摩耗し、関節が痛む病気です。

母指CM関節を支える靭帯などのゆるみによる不安定性から、母指CM関節が不安定になっていきます。

こうした不安定性が長期間続きますが、治療を行わなずに放置していると、関節への負担が増え、関節が変形を起こします。

原因の多くは、関節のゆるみの他、指の使い方、筋力の過剰使用などの複合的な原因によるものだとされています。

手の動作や使い方に力の入れ方の癖がある人にも、母指CM関節症が発症しやすくなります。

似た症状を持つ病気や疾患

手指に痛みを感じることは多く、男性なら痛風、女性なら骨粗鬆症などの疾患が挙げられます。

特に女性ですと、手指の変形性関節症や腱鞘炎に似た症状がみられます。

変形性関節症は、膝の関節に多い病気ですが、同じように手指の関節も軟骨がすり減り、発症します。

更年期以降の女性に多いことから女性ホルモンが関係していると考えられています。

そして、起こる部位により「へバーデン結節」、「ブシャール結節」、「母指CM関節症」などと呼び方が変わります。

合併症

母指CM関節症と同時に起こる手指のトラブルは、「へバーデン結節」「ブシャール結節」「ばね指」「ドッケルバン病」「手根管症候群」などがあります。

これらは手指の変形性関節症です。

指先から数えて、1番目の関節の軟骨がすり減り症状を起こすものを「へバーデン結節」、2番目の関節なら「ブシャール結節」、親指の付け根、指先から数えて3番目の関節(CM関節)に起こるものを「母指CM関節症」と呼びます。

いずれも軟骨のすり減りが生じた関節に痛みが生じます。

痛みが強くなると、指を動かさなくても、痛みが現れます。

悪化するとどうなるか?

body_bachiyubi母指CM関節症にかかると、物をつまむ時やビンの蓋を開けるときに母指(親指)に力を入れると手首の母指の付け根付近で痛みを感じます。

初期症状では、力を入れたときに痛みを感じますが、症状が進行すると、手首の母指の付け根付近が膨らみ、母指が開きにくくなります。

その後、母指の指先の関節が曲がってしまいます。また、手前の関節が反り返ります。

亜脱臼することもあり、母指が変形します。

まるで見た目には、白鳥の首のような形になることがあります。

病院での診断基準

母指CM関節症では、母指の付け根のCM関節部分に腫れが見られます。

その部分を手で押すと痛みを感じます。

母指を捻っても、強い痛みを感じます。

専門医の診断でないと、腱鞘炎やリウマチによる関節炎と間違って診断してしまう可能性があります。

必ず病院での専門医による診察を受けてください。

さらに、X線(レントゲン)検査を行い、CM関節部分のすき間が狭くなっており、骨棘があったり、ときには亜脱臼していることがあれば、間違いなく母指CM関節症と診断されます。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

good_woman母指CM関節症になりやすい人は、指の使い方に問題があります。

間違った指の使い方により、指の負担のかかり方が、一点に集中し変形してしまうということです。

お箸や物を持つ手を意識して改善し、正しい持ち方に変えることから始めてください。

正しい手や指の動作に変えた後は、手や体全体の力みを取る必要があります。

これまで負担がかかり、崩れていた関節や筋肉のバランスを元に戻すために、母指の引っ張りや母指球筋をほぐすストレッチを行います。

ストレッチ法は、効果的な方法を選び、専門家の指導に従い無理のない程度に実施してください。

一般的な治療法

wristcut_woman消炎鎮痛剤が入った貼り薬を患部に貼ります。

その後、CM関節保護用の軟性装具をつけたり、固めの包帯を母指から手首にかけて、8の字型に巻いて動きを制限します。

テーピングも有効です。

他に温熱療法により痛みを軽減することができます。

痛み止めの内服や関節内注射による治療法もあります。

自宅では、手の血行をよくし、関節が曲がったままにならないように、入浴時に湯船の中で手指を動かすといいでしょう。

こうした治療で効果が得られない場合は、関節を固定する手術や靭帯の手術を行います。

母指CM関節症の手術は、関節がぐらついたり、亜脱臼の状態になれば、靭帯を移植し関節を安定させます。

また、症状が悪化しており、関節が破壊されているような状態であれば、関節固定術といった手術を行います。

仙人堂での治療法

1-DSC_0138仙人堂では、痛みの原因となる歪みをミリ単位で矯正を行い、筋肉の調整を行います。

CM関節症は、治りにくいと言われている疾患で有名ですが根本から治療することで改善することができます。

 


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約