バネ指

症状・部位:

ばね指(弾撥指)とは、腱鞘炎が進行して指が動かしにくくなる指関節の障害の1つです。

発症する年齢層は幅広く、小さなお子さん、スポーツをする方、女性にも多く主婦や妊娠初期や産後の方にもみられ中には関節リウマチなどから併発するケースもあります。

thumbnail_body_hand_hitosashiyubi症状としては、腱に熱感、ズキズキ・ジンジンとした痛み、発赤、腫れを発症します。

指を動かすとき違和感を感じ、腫れが酷いとき曲げた状態から上手く伸ばせず伸ばそうとすると指がビーンと張ります。

また曲げようとすると引っかかるように指が弾けます。

発症する指は、親指、示指、薬指、小指などといわれています。

悪化すると激痛となり生活に支障をきたします。

バネ指(弾撥指)の種類

種類としては、ばね指に進行する前の狭窄性腱鞘炎、生後から1歳くらいまでに、親指に見られる小児腱鞘炎。

手を伸ばしたり反らせたりするのに使われる腱で炎症を起こすドケルバン病と似たような種類があります。

 

バネ指(弾撥指)の原因

computer_keyboard_hand_itai原因の1つとして女性ホルモンの乱れや減少も関係あるのではないかといわれています。

最近では、演奏者(ピアニストなど)、ゴルフやテニス、バドミントンなどラケットを使用するスポーツ、デスクワークでのパソコンの使用などで指や手、腕へ必要以上に力を集中させ負荷をかけることにより発症させる方など原因は様々です。

指先に力を集中させ長時間固定した状態での筋肉の拘縮。

悪い姿勢での筋緊張からの腕だけの部分使用が多い。

繰り返し負担が一部分に集中し必要以上に負荷がかかりやすい。

筋肉が人より弱い。

靭帯が緩いなども発症の原因となります。

病院でのバネ指(弾撥指)の治療法

medicine_capsule_set対策としては、違和感を感じたら医療、専門家の受診をお勧めします。

適切な指示により安静にし指への負担を少しでも減らし、良好時には患部外のストレッチ、疲れたら身体をリラックスさせるためにも休憩をします。

また日常生活の改善などをし再発防止、回復、完治に努めます。

治療として、安静、テーピングなど指を固定、状態に合わせステロイド注射、内服薬、改善されなければ、腱鞘に出来ている炎症部分を切除の手術をするそうです。

仙人堂でのバネ指の治療法

1-DSC_0138仙人堂でのバネ指の治療法は、バネ指は間接にねじれが生じています。

ねじれたバネ指の歪みを矯正し、指を引っ張っている腱の調整を行います。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約