集合体恐怖症

症状・部位:

こんな症状でお悩みではありませんか?

皮膚の毛穴がこわい

いくらのような球が集まったものがこわい

水玉模様が苦手

いちごのつぶつぶが気持ち悪い

 

これらの症状でお悩みの方は集合体恐怖症が原因かもしれません。

集合体恐怖症とは?

kyoufusyou_ansyo集合体恐怖症というのは、簡単に言ってしまえば密集しているものに恐怖を感じる症状です。

患者数は明確にされていないものの、何千人という規模の方がこの集合体恐怖症を抱えているといわれています。

もともと集合体恐怖症に限らず、人口の10%ほどが何らかの恐怖症を抱える可能性を持っているといわれています。

男女比も年代別割合も明確にはなっていないのですが、男性よりも女性のほうがかかりやすい傾向にあります。

また、恐怖感を訴える方は若い年代が多い傾向にあります。

ちなみに、集合体恐怖症には別名があります。

別名は「トライポフォビア」と呼ばれるものなのですが、こちらのほうが馴染みがあるという方も多いかもしれません。

集合体恐怖症という呼び方は、日本での俗称になります。

症状

集合体恐怖症の症状についてですが、まず代表的なものとして挙げられるのが恐怖感や不安感です。

集合体恐怖症の症状の程度というのは、人それぞれ異なります。

症状が重い方もいれば、症状が軽い方もいるでしょう。しかしながら、症状の重さや軽さに関係なく、恐怖感や不安感というのは集合体恐怖症であれば誰もが感じるものと考えていいでしょう。

集合体恐怖症でかゆみを感じる方も少なくありません。

日ごろから湿疹などでかゆみに悩まされている方というのは、集合体を見たときにかゆみを感じやすいようです。

集合体恐怖症を発症したときにかゆみを感じていた方というのは、特に集合体を見たときにかゆみを感じやすくなるようです。

ひどい場合には、集合体を見ただけで皮膚をかきむしってしまうといったこともあるそうです。

かゆみまではいかなくとも、ムズムズした感じを覚える方も少なくありません。

また、集合体恐怖症でめまいや嘔吐といった症状が出ることもあります。

これは心拍数が上がることによって起こるようです。

集合体を見たときに恐怖感や不安感を覚え、心臓がドキドキすると心拍数が上がります。

これによって、気分が悪くなったり、めまいや嘔吐といった症状が出たりするのです。

他にも、頭痛や動悸、息切れなどの症状が出てくることもあります。

こういった症状というのは、身近なところにある集合体を目にすることによって起こります。

例えば、蓮、歯、ひまわり、泡、いちご、いくら、虫、水玉模様、イボ、フジツボ、皮膚、キツツキ、薬、桜、細胞、珊瑚、水滴、カエル、マカロニ、白紙に書いてある黒い文字なども集合体恐怖症の対象になってきます。

身近なところに、集合体恐怖症のきっかけというのは山ほど存在するのです。

 集合体恐怖症の原因とは?

集合体恐怖症の発症率は、比較的高い傾向にあります。

もともと人間は集合体に対して「気持ち悪い」といった感情を抱きやすいものです。

だからこそ、発症リスクも高いですし、実際に発症してしまう確率も必然的に高まってしまうのです。

発症頻度や割合に関しても、高い傾向にあるといえるでしょう。

集合体恐怖症の原因に関しては、幼少期のトラウマであることが多いものです。

集合体恐怖症を生まれ持つのではなく、あくまでも何かしらのきっかけがあって発症するというパターンがほとんどです。

そのきっかけとして挙げられるのが幼少期のトラウマです。

庭で遊んでいて大きな石を持ち上げたら、そこに虫の卵がびっちりとついていた・・・といったことでも集合体恐怖症発症のきっかけになるものです。

何かしらの集合体を見て「嫌だな」「気持ち悪いな」と思うと、別の集合体を見ても同じように「嫌だな」「気持ち悪いな」といった感情が思い出されてしまうのです。

もちろん、きっかけとなっている幼少期のトラウマの記憶そのものを本人が忘れてしまっているケースもあります。

そのため、何がきっかけになっているのかわからないまま集合体恐怖症に悩まされている方もいるのです。

また、過去の病気が集合体恐怖症の原因になっていることもあります。

例えば、全身に発疹ができるような病気にかかって、苦しい思いをした・・・というのも集合体恐怖症の原因となり得るのです。

過去の病気以外では、インターネット上に公開されているオカルト系の画像が原因となることもあります。

オカルト系の画像の中には心霊系ではなく、精神的に来る気持ち悪い画像、グロテスクな画像などもあります。

そういった中には、いかにも集合体恐怖症の原因となりそうなものもありますし、実際にそういったものを見てしまったばかりに集合体恐怖症を発症してしまうこともあるのです。

メカニズム

集合体恐怖症のメカニズムというのは、実にシンプルです。

というのも、まずは何かしらの集合体を見たときに「気持ち悪いな」「嫌だな」と感じるところから始まります。

「気持ち悪いな」「嫌だな」と感じると、脳はその集合体を危険なものとして認識するようになります。

基本的に人間というのは、本能的に危険なものから逃げたり、危険なものを拒絶したりするようになっています。

そのため、脳が危険なものとして認識した集合体へ拒絶反応が出るようになるのです。

これが集合体恐怖症のメカニズムになります。

特定の集合体だけではなく、似たようなものでも危険なものとして認識するようになりますので、拒絶反応の出てくる範囲も必然的に広くなっていくのです。

診断テスト

集合体恐怖症であるかどうかの診断テストについてお話ししておきましょう。

集合体恐怖症であるかどうかというのは、意外に簡単なチェックでわかるものです。

例えば、何かしらの集合体を見たときに

「恐怖感がある」

「不安感がある」

「かゆみを感じる」

「動悸がする」

「息切れがする」

「吐き気がする」

といった項目のどれかに当てはまるようであれば、集合体恐怖症の可能性が高いと考えられます。

芸能人

集合体恐怖症に悩まされている芸能人の方もいます。

鬼嫁で有名な北斗晶さんも実は集合体恐怖症だといわれています。

元プロレスラーで現在タレントとして活躍している北斗晶さんですが、イメージ的に怖いものはなさそうに見えます。

しかしながら、北斗晶さんはご自身のブログでムク鳥の大群が気持ち悪いといった内容の投稿をしているのです。

実際に、ブログの投稿記事には画像も添付されており、電信柱にびっしりとムク鳥が並んでいる画像が見られました。

他にも、同じ種類のもの、同じ大きさのもの、同じ形のものが集まっている状態が苦手で、蕁麻疹などのブツブツも苦手だと公言しています。

北斗晶さん以外では、毒舌キャラで有名な有吉弘行さんも集合体恐怖症であると思われるような投稿をしています。

有吉弘行さんの場合にはツイッターでの発言なのですが、同じようなものがいっぱいある状態に対して恐怖感を抱いているような投稿が見られました。

こちらも画像が添付されており、招き猫や柑橘類の輪切り、サクランボ、人の集合写真に対しての発言のようでした。

おそらく北斗晶さんや有吉弘行さん以外にも、こういった症状や感覚を持っている方というのは多いはずです。

ただ、毒舌キャラ鬼嫁キャラといった強いイメージの方も集合体恐怖症で悩まされているのだと思うと、少し安心できるような部分もあるかもしれません。

改めて、誰にでも起こり得る症状であるということがおわかりいただけたかと思います。

悪化するとどうなるか?

集合体恐怖症が悪化してくるとどうなるのでしょうか。

集合体恐怖症が悪化してくると、日常生活の中でより集合体を見つけやすくなってしまいます。

これまで何とも思っていなかった自分の部屋にある集合体を見つけてしまうということもあるでしょうし、何気ない景色でも集合体を見つけてしまうということもあるでしょう。

それまでであれば気づくことのなかった集合体にまで気づくようになってしまうのです。実際に、冷静に周りを見渡してみればいろいろなところに集合体が隠れているものです。

人間の体に生えている体毛だって集合体といえば集合体になりますし、身につけている衣類の柄や繊維なども集合体に見えるかもしれません。

集合体が怖いからこそ、余計に集合体を見つけてしまうようになるのです。

これがひどくなってくると、家の中にいるのも嫌になりますし、外に出ることもできなくなってしまいます。

外に出れば、目に入ってくる情報量というのはけた違いになってきます。

その中で集合体を見つけてしまえば、外に出るだけで気分が悪くなってしまったり、体調が悪くなってしまったりすることもあるでしょう。

周りからもなかなか理解してもらえないでしょうし、集合体を見つけるたびに心に大きな負担がかかることになります。

そういった中で、うつ状態になってしまい、最終的にはうつ病になってしまうこともあります。

ひとりでも周りに理解者がいてくれれば違ってくるのですが、理解を示してくれる人がまったくいない状態となってくるとやはりうつ病になってしまうリスクは高いといえるでしょう。

一般的な治療法

集合体恐怖症の一般的な治療法についてです。

一般的な治療としては、心療内科や精神科などでのカウンセリングと薬物療法になります。

メインとなってくるのはカウンセリングになりますので、カウンセリングをしてくれる医療機関へ行くことが大切です。

ただ、症状が軽い場合には医療機関まで足を運ばなくとも自分でどうにかできることもあります。

よく言われるのは、大きな円を見て慣らしていくという方法です。

というのも、どこから集合体として気持ち悪く感じるのかというところを見極めていきつつ、慣らしていくのです。

無理をせずに、ゆっくりと慣らしていくことによって集合体恐怖症を改善させることもできるのです。

仙人堂の集合体恐怖症の治療法

DSC00093仙人堂では、心理療法でトラウマに関連する集合体の恐怖心をひとつひとつ取り除いていきます。

すべての、集合体に関するトラウマを解消することで集合体恐怖症は改善されます。

ステップ1、体の状態を正常にして恐怖心に打ち勝てる状態にする。

ステップ2、気になる集合体に関するトラウマをピックアップする。

ステップ3、5種類のトラウマ調整の中からあなたにあったものを選びトラウマを解消する。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約