大網駅1分の整体 仙人堂【自律神経専門】プロに指導する実力

大網駅徒歩1分! 無料駐車場完備 21時まで営業
仙人堂

自律神経専門整体院 仙人堂

  • 自律神経専門整体とは?
  • 施術科目一覧
0475-78-3470 9:00〜21:00(木午後・日休) 完全予約制
  • WEB予約
  • LINE予約
  • お問い合わせ

ハログレア

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 夜になると車のライトや信号などの光がまぶしく見える
  • 光に虹色の枠が見えたり、ギラギラと眩しく見えたりする
  • 昼間の天気が良い日にはサングラスが手放せないくらいまぶしい
  • 感情のコントロールができない
  • 光の周りに、ぼやっとまたその光と同じ色の輪っかができる/li>
  • 携帯電話のライトを見てもまぶしい

症状


ハログレアは、近年増えている目のレーシック手術の後に、眩しいと感じる症状です。

 

ハログレアは、レーシック手術を受けた後に高い確率で発生する合併症として知られています。

 

ハログレアの症状の一つのハロ現象は、夜間などで光を見ると、ぼやけたり、にじむような見え方になります。

 

夜間や雨の日の車の運転時には注意を要します。

 

グレア現象は、夜間の光の眩しさに加えて、昼間の太陽を見たときにも眩しく感じ、霧がかかったような感じで、ギラギラとしぼやけて見えてしまう見え方です。

 

ハログレア現象が起きると、ぼやけたり、眩しく見えたりして一時的に視力が低下します。

 

ドライバーや夜間のドライブには、注意を要します。

原因

ハログレアの発生する原因は、レーシック手術の際に、レーザー照射の部分と照射していない部分とで、光の乱屈折が生じるためです。

 

これはレーザー照射時に、角膜の一部を削り取り、その切断面が変化したり、段差が生じたりするためです。

 

また、同じように見える目でも、暗いところで瞳孔が特に大きくなる人は、瞳孔径と呼ばれる箇所がレーザー照射径よりも大きくなり、乱屈折が起こりやすくなります。

 

そのため、標準よりも瞳孔が大きく、レーシック手術前の視力が悪い人ほど、ハログレアの症状が発生しやすく、その症状もひどくなる傾向があります。

似た症状を持つ病気や疾患

ハログレアは、目の見え方に関する疾患です。

 

特にレーシック手術後に発生しやすく、ハログレアに似た症状を持つ疾患も確認されています。

 

その一つがドライアイです。

 

涙腺を焼き切るために、一時的にドライアイの症状が出ます。

 

暗所での瞳孔径が大きい場合に、夜間視力が低下することがあります。

 

暗所での黒目の大きさが、レーシックで矯正した部分を超えてしまえば、光を正常に採り入れられなくなり、夜間視力が低下し見えにくくなります。

 

その他、レーシック手術後は、視力の日内変動が見られます。

 

目が疲れやすく、見えにくくなります。

合併症

 

多くはレーシック手術に伴う合併症です。

 

前項で解説したドライアイ、夜間視力の低下、日内変動の他、ハログレア角膜混濁(かくまくこんだく)と呼ばれる、角膜が白く濁る症状が発生します。

 

これはレーザー照射で作ったフラップ部分が紫外線に反応して起こります。

 

フラップはその後なくなるため症状も消えます。

 

同じ混濁でも砂漠模様の色をした混濁は、「サハラ砂漠症候群」と呼ばれます。

 

角膜炎が原因だと言われていますが理由ははっきりしません。

 

これらの合併症は、主にレーシック手術で発生しやすくなっていますが、時間と共に次第に解消するものもあり、知っていると不安になることもないでしょう。

悪化するとどうなるか?


レーシック手術後にハログレアの症状が出た場合は、手術による一時的な症状にとどまり、時間の経過と共に次第に回復し、症状がほとんど見られなくなります。

 

症状が強く長引くようになり、生活に支障が出るようであれば、医師に相談し再手術を行うことがあります。

 

症状が少し強い方でも、3~6か月ほどの余裕を見ながら回復の状況を見守る必要があります。

 

レーシック手術の失敗となった場合は、術後も後遺症が残り、結果的にはハログレアがよくならない、というケースも稀にあります。

病院での判断基準

ハログレアは、光の見え方の問題です。

 

光を見るとその周りに輪のようなものが見られたり、ぼやけて見えたりします。

 

光がギラギラと強く、眩しく見え、にじんだようになっていれば、医師にその症状に関して相談するといいでしょう。

 

ハログレアは、フラップを意図的に作り出すことが原因で発生し、時間の経過と共に症状が改善します。

 

また、暗所瞳孔径と角膜を削るオプティカルゾーンとを比べた場合、オプティカルゾーンのほうが大きい場合にハログレアが発生しやすくなります。

 

そのため、レーシック手術前に暗所瞳孔径についての検査が行われます。

 

検査結果によっては、ハログレアの発生の可能性が高くなるため、手術そのものをキャンセルする方もいます。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

レーシック手術を行えば、一時的にハログレアの症状が出ます。

 

症状が出たことに気づかない方も多く、時間の経過により次第に回復するのが普通です。

 

レーシック手術後にハログレアの症状が見られた場合は、サングラスを使って眩しさを抑えるといいでしょう。

 

再度手術を行う場合もあります。

 

レーシックの手術の技術も少しずつ向上が見られます。

 

最新の解析機器で角膜や眼球の歪みを解析した上で、高精度のレーザー照射を行う手術も可能です。

 

照射域の広いレーザーであれば、ハログレアの症状も出ないと言われています。

ハログレアでお困りの方へ

dsc00512

レーシックの手術は、角膜の一部をカットし、フラップを意図的に作り出しています。

 

フラップの切断面は、次第にくっついて回復します。

 

この期間は、3~6か月程度です。

 

原因は手術によるものですので、手術が失敗ではない限り、必ず改善し気にならなくなります。

 

日中はサングラスを装着し、室内も薄暗くして生活するといいでしょう。

 

また、レーシック専用レンズも販売されています。

 

夜間の光対策やドライブにも使用できます。

 

ハログレアの症状が改善しない場合は、再手術を行うことがありますが、手術で状態が悪くなってしまったの再手術に抵抗がある方も多いと思います。

 

 

ハログレアの方に共通する原因のひとつして、目の周辺の筋肉の緊張があります。

 

その結果ハログレアの症状に悩まされてしまうのです。

 

もしくは、後遺症ではなく副腎疲労症候群などで悩まされている方もいます。

 

このどちらか、もしくはは両方を改善することでハログレアの症状の改善していきます。


全国の院長クラスの先生達に指導する高度な技術力!

メディア掲載情報

アクセスマップ

仙人堂(せんにんどう)

〒299-3235
大網白里市駒込440−8
大網ハイツB棟203

0475-78-3470

営業時間 : 9:00~21:00
定休日 : 木午後・日

完全予約制
地図
地図
JR外房線大網駅徒歩1分 無料駐車場2台完備 21時まで営業

仙人堂への行き方

道案内1

大網駅の改札を出たら、左手のパン屋さん方面に向かって下さい。

道案内2

前方に同じようなマンションが2件あります。 コチラの右側の交番の前にあるマンションの2階に当院があります。そのまままっすぐお進みください。

道案内3

1階にリビングスタジオさんという輸入家具屋さんがあります。当院は、2階の奥から2番目の所にあります。

道案内4

リビングスタジオさんの前を通過して、奥までお進みください。

道案内5

突き当りの奥2台が当院の駐車場になります。 お車で来られる方は、こちらをご利用ください。

道案内6

駐車場の正面(線路側)に入口があります。 こちらから2階にお上がりください。

施術の流れ

施術の流れの説明
はじめての方限定!ホームページ割引
top