大網駅1分の整体 仙人堂【自律神経専門】プロに指導する実力

大網駅徒歩1分! 無料駐車場完備 21時まで営業
仙人堂

自律神経専門整体院 仙人堂

  • 自律神経専門整体とは?
  • 適応疾患一覧
0475-78-3470 9:00〜21:00(木午後・日休) 完全予約制
  • WEB予約
  • LINE予約
  • お問い合わせ
  • 歪みの矯正
  • 内臓の調整
  • 心理療法
  • 小顔矯正
はじめて割引
口コミ100件突破!
営業日カレンダー
  • ※5月12日は、18:00までの営業となります。

    適応疾患一覧

    痛み・しびれ

    自律神経・内臓

    メンタル

    女性の悩み

    歪みの矯正
    内臓の調整
    心理療法
    小顔矯正
    インターネット予約
    Lineで来院予約!
    仙人堂院長シモーンブログ
    facebook
    twitter

    へバーデン結節(指の第1関節の変形)

    こんな症状でお悩みではありませんか?

    • 指の第1関節がボコっと飛び出したように変形している
    • 指が曲がりにくい
    • 指が痛くてよく物を落とす
    • ひどい時は、お箸やペンが握れない
    • 痛いのを我慢して動かしていたら痛みが悪化した
    • 指を酷使することが多かった
    • なにもしなくても神経痛のように痛む

    へバーデン結節とは?

    smartphone_kensyouen


    へバーデン結節は、女性に特有の症状で、指の第1関節が変形し曲がってしまう病気です。

     

    原因にはいろいろな説がありますが、原因がまだよくわかっていない病気です。

     

    示指から小指にかけて第1関節が赤く腫れ、曲がったりします。

     

    痛みを伴うことがあり、第1関節の動きが悪くなります。

     

    水膨れのようなでっぱりができますが、これはミューカシスト(粘液嚢腫)と呼ばれるものです。

     

    へバーデン結節は、東洋医学では原因がわかっており、西洋医学とは異なるアプローチを行っています。

    原因


    へバーデン結節の原因は不明です。

     

    40歳代以降の女性に多く発症する症例が多くなっています。

     

    同じ女性でもよく手を使う人にはなりやすい疾患です。

     

    遺伝する可能性は不明とされていますが、母や祖母がへバーデン結節を患っていた場合は、その子も似通った体質であると考えられ、指先に負担をかけないように注意が促されます。

     

    東洋医学では、へバーデン結節の原因は、骨の病気として考えられており、腎臓と同じ「腎」に属しています。

     

    胸郭、助骨筋、背骨、腕などのこわばりや歪みが同時にあれば、腎系統を強化し、へバーデン結節を改善していきます。

     

    必ず専門家の指導による処置を行ってください。

    似た症状を持つ病気や疾患


    へバーデン結節と似た病気に「関節リウマチ」があります。

     

    リウマチは、自己免疫疾患です。

     

    病気が進行すれば、関節が破壊されます。

     

    リウマチでは、さまざまな合併症を引き起こすことが問題となっており、へバーデン結節と区別され、全く違った処置がを行われています。

     

    関節リウマチは、指の第2関節に発症し、へバーデン結節は第1関節に発症する病気です。

     

    朝のこわばりでは、リウマチは1時間以上の症状が続きますが、へバーデン結節は短時間でその症状が解消します。

     

    第2関節に発症する似た疾患は、ブシャール結節と呼ばれて区別されています。

    合併症


    へバーデン結節の原因は、女性ホルモンの影響ではないかという説があります。

     

    へバーデン結節は、変形性関節症の一種だと考えられています。

     

    特に指先から数えて1番目の関節に軟骨のすり減りが生じるものを「へバーデン結節」、2番目の関節に起こるものを「ブシャール結節」、さらに親指の付け根や指先から数えて3番目の関節(CM関節)に起こるものを「母指CM関節症」と呼んでいます。

    悪化するとどうなるか?


    へバーデン結節は、人差し指から小指にかけて、第1関節が赤く腫れ、こぶが出来たり、曲がったりする病気です。

     

    透明の水が溜まり水膨れのような症状も出ます。

     

    悪化すると、次第に痛みを伴うようになり、テレビのリモコンが押せない、キーボードが打てない、お箸が持てない、ギターや三味線がひけない、缶ジュースのプルタブが開けられないなどの日常で何気なく行っている動作ができなくなります。

     

    指の変形により女性なら精神的なストレスが生じますし、ピアニストや調理師などの職業に就いている方は、仕事ができなくなってしまいます。

    病院での判断基準


    病院でのへバーデン結節の判断基準は、X線検査を行い、画像にて第1関節付近に骨棘(こつきょく)と呼ばれる、骨の棘の発生が見られた場合です。

     

    また、第1関節と第2関節の隙間が狭まっているときも、へバーデン結節と言われます。

     

    関節にある軟骨がすり減り、滑らかに動かせなくなれば、軟骨に小さな裂け目ができて、すり減っていき、骨同士が直接ぶつかり合います。

     

    こうして、骨棘ができたり、関節の間の隙間がなくなったりするからです。

    自分でできる対策、予防法、セルフケアなど


    へバーデン結節は、西洋医学では原因不明の疾患です。

     

    そのため、現在では予防を第一に考えています。

     

    第1関節が痛いときには、指をあまり使わないようにしてください。

     

    指先への負担を避け、仕事をしている方は休憩を取りながら、手指を休めるようにしましょう。

     

    スポーツを毎日行う人は、練習を控えてください。

     

    セルフケアとして有効な予防法は、身体を温めること、栄養バランスの取れた食事、関節や軟骨を強化する肉、魚、卵などのタンパク質の摂取、足りない栄養成分のサプリメントの摂取、ストレスの軽減に

     

    より自律神経の安静を保つことなどが有効です。


    痛みがいつまでも続くわけではありませんので、改善すれば通常の生活に戻ることができます。

    当院でのへバーデン結節の改善方法


    病院でのへバーデン結節の対応は、保存的療法が主流です。

     

    固定による局所の安定、投薬、テーピングなどが有効です。

     

    急性期のへバーデン結節の症状に対しては、関節内にトリアムシノロンというステロイド注射が有効だとされています。

     

    痛みが改善しない、指の変形がひどい場合には、手術が行われます。

     

    手術では、コブ結節の切除、関節の固定などの手術法がケースバイケースで実施されます。

     

    他に東洋医学的な観点から、へバーデン結節の施術を行うことがあり、アプローチが違いますが、専門家と施術に取り組めば、根本的な解決に至ることがあります。

     

    当院でのへバーデン結節の改善方法は第1関節と第2関節の隙間が狭くなっている為、間隔を広げ動きをよくしていく施術を行っていきます。

     

    変形を完全に戻す事は難しいですが、痛みを改善することは可能です。


    全国の院長クラスの先生達に指導する高度な技術力!

    メディア掲載情報

    アクセスマップ

    仙人堂(せんにんどう)

    〒299-3235
    大網白里市駒込440−8
    大網ハイツB棟203

    0475-78-3470

    営業時間 : 9:00~21:00
    定休日 : 木午後・日

    完全予約制
    地図
    地図
    JR外房線大網駅徒歩1分 無料駐車場2台完備 21時まで営業

    仙人堂への行き方

    道案内1

    大網駅の改札を出たら、左手のパン屋さん方面に向かって下さい。

    道案内2

    前方に同じようなマンションが2件あります。 コチラの右側の交番の前にあるマンションの2階に当院があります。そのまままっすぐお進みください。

    道案内3

    1階にリビングスタジオさんという輸入家具屋さんがあります。当院は、2階の奥から2番目の所にあります。

    道案内4

    リビングスタジオさんの前を通過して、奥までお進みください。

    道案内5

    突き当りの奥2台が当院の駐車場になります。 お車で来られる方は、こちらをご利用ください。

    道案内6

    駐車場の正面(線路側)に入口があります。 こちらから2階にお上がりください。

    施術の流れ

    施術の流れの説明
    はじめての方限定!ホームページ割引
    top