大網駅1分の整体 仙人堂【自律神経専門】プロに指導する実力

大網駅徒歩1分! 無料駐車場完備 21時まで営業
仙人堂

自律神経専門整体院 仙人堂

  • 自律神経専門整体とは?
  • 施術科目一覧
0475-78-3470 9:00〜21:00(木午後・日休) 完全予約制
  • WEB予約
  • LINE予約
  • お問い合わせ
  • 歪みの矯正
  • 内臓の調整
  • 心理療法
  • 小顔矯正

プシャール結節(第二関節の腫れと痛み)

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • リウマチではないが指が痛む
  • 指がこわばっている
  • 曲げると痛い
  • 手をグーにすることができない
  • 指にだるさを感じる
  • 第二関節が腫れている

プシャール結節とは?

kansetsutsuu_tekubi

 


リウマチとよく似た症状で、指に痛みが生じ、腫れや変形を伴う疾患のことをプシャール結節といいます。

 

いわゆる、変形性関節症の一種です。

 

主に手指の第二関節に痛みや腫れ、こわばりなどの症状が現れます。

 

手を酷使する仕事や家事を行う方に発症しやすく女性にも多い疾患です。

 

指関節の軟骨が摩耗・変形し、痛みを感じます。


男性よりも40代以降の女性に多い疾患です。

 

指を曲げる動作で痛みを強く感じ、次第に何もしていなくても痛みを感じるようになります。

 

外見上の変化では、指に水膨れができ、こぶ状に腫れあがり、太くなることがあります。

原因


プシャール結節の症状は見てすぐにわかりますし、痛みも感じますが、発症原因がよくわかっていない病気です。

 

一説によれば、軟骨がすり減り、腱の炎症が、プシャール結節を誘発するのではと考えられています。


他にも老化、手指の使い過ぎ、ホルモンバランス、遺伝などが原因となっている可能性が高いと言われています。

 

女性でも閉経期に多い症状ですので、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が急激に減少することにより、関節の負担が増し、関節に炎症が起きやすくなるために、プシャール結節が起こるのではないかと考えられています。

 

エストロゲンには、腱や滑膜を守る働きがあるからです。

似た症状を持つ病気や疾患

プシャール結節とリウマチには、よく似た症状があります。

 

手指のこわばり、第二関節の痛みや腫れ、関節の変形などが似通った症状です。

 

この2つの違いは、リウマチなら早朝のこわばり、血液検査での免疫異常、貧血・倦怠感などの全身症状が現れるところです。

 

一方のプシャール結節は、手指に痛みがありますが、手首などの他の部位にはあまり症状が出ません。

 

レントゲンで撮影すると、骨棘が見られますが、リウマチでは関節の破壊が確認できます。

 

リウマチは免疫疾患であることがわかっています。

 

専門医による適切な判断を行う必要があり、プシャール結節とリウマチとをしっかりと見分けたうえで、的確な処置を行います。

 

特にリウマチは、心臓や腎臓の合併症を伴うことがあり判断を間違うと大変なことになるからです。

合併症


指関節が痛いということであれば、第二関節以外にも第一関節が腫れたり、曲がったりすることがあります。

 

こちらは、プシャール結節ではなく、ヘバーデン結節と呼ばれる指関節の病気を発症している可能性があります。

 

こちらも変形性関節症の一種ですので、指の第一関節のコブ状の腫れや変形症状をもたらす疾患です。

 

ヘバーデン結節を発症していれば、約20%に合併症としてプシャール結節の症状を発症します。

 

他にも「ひょう疽」を発症している可能性が高くなります。

 

「ひょう疽」とは、黄色ブドウ球菌を代表とする最近の感染による赤い腫れの感染症です。

悪化するとどうなるか?

プシャール結節になると、手の指の第二関節が大きくボコッと腫れてきます。

 

この腫れがプシャール結節の特徴的な症状です。

 

その後、症状が進行すると腫れている関節の部位が炎症を起こし、赤く腫れ上がるようになります。

 

同時に関節の痛みも生じます。

 

さらに指や手の骨が変形してしまいます。

 

骨が変形すれば、パソコンの操作や筆記など、手先の細かい作業がうまく行えなくなります。

 

最終的には、何もしていない状態でも痛みを感じるようになります。

 

プシャール結節の腫れ・コブは、軟骨が摩耗し、ぶつかりあった骨と骨の周囲にトゲ状のもの(骨棘)ができたものです。

病院でのアプローチ方法

プシャール結節は、まだ原因がよくわかっていない疾患です。

 

多くの場合は、発症後2年~3年程度で症状が落ち着いてきます。

 

変形してしまった関節は元に戻らないため、早期に対処を開始する必要があります。

 

プシャール結節が疑われる関節の痛みや変形を感じたら、すぐに整形外科で検査をしてください。

 

プシャール結節以外の病気の可能性も否定できませんので、変形性関節症やリウマチに強い医療機関でみて頂いたほうがいいでしょう。

 

病院では、レントゲンによる検査が主流です。

 

カウンセリング等と合わせ、患部のX線撮影で、骨棘が確認されれば、プシャール結節と判断されます。

 

自分で判断するのではなく、必ず整形外科での専門家のアドバイスを仰いでください。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど


プシャール結節は、原因が不明と言われている為、確固とした対策が確立されていません。

 

発症した場合でも、そのまま放置していても2、3年で自然よくなることが多いようです。

 

完治するまでの間、できる限り、痛みを緩和し、指関節の変形を防ぐことが大切です。

 

できれば、あまり関節を動かさないほうがいいでしょう。

 

そのため、指関節のテーピングが有効な予防法として知られています。

 

他にも、軟膏や湿布を使えば、痛みを抑えられます。

 

入浴時には、指を温める温熱療法も痛みを和らげてくれます。

 

関節のこわばりを解消するために、お湯の中で指をよく動かすと有効な予防になります。

当院でのプシャール結節の治療法

DSC00322

病院でのプシャール結節の対処法一つが、痛み止めの投与です。

 

非ステロイド性の消炎鎮痛薬を含む痛み止めが処方されます。

 

飲み薬、塗り薬、貼り薬、注射などにより、投与する方法が違います。

 

炎症による痛みを抑え、指の負担を減らし、指の曲げ伸ばしなどの動きをスムーズにします。

 

第二関節をテーピングで固定する関節固定術も有効です。

 

日常生活に支障が出るような痛みを感じる場合や関節の変形がひどい場合は、第二関節を人工関節に交換する手術を行う場合があります。

 

普段から使うことの多い指に痛みがあるというのは、日常生活に支障をきたしとてもつらいものです。

 

指を使う仕事の方ですと、痛みに耐えかね仕事を辞める決断をされる方もいます。

 

ブシャール結節は、ホルモンバランスが乱れ、第1関節と第2関節の隙間が狭くなって、痛みが生じています。

 

当院では、ホルモンバランスを整え狭くなった関節に隙間を作り動きをよくしていくことで痛みを矯正していきます。

 

変形を完全に戻す事は難しいですが、痛みを改善することは可能です。


全国の院長クラスの先生達に指導する高度な技術力!

メディア掲載情報

アクセスマップ

仙人堂(せんにんどう)

〒299-3235
大網白里市駒込440−8
大網ハイツB棟203

0475-78-3470

営業時間 : 9:00~21:00
定休日 : 木午後・日

完全予約制
地図
地図
JR外房線大網駅徒歩1分 無料駐車場2台完備 21時まで営業

仙人堂への行き方

道案内1

大網駅の改札を出たら、左手のパン屋さん方面に向かって下さい。

道案内2

前方に同じようなマンションが2件あります。 コチラの右側の交番の前にあるマンションの2階に当院があります。そのまままっすぐお進みください。

道案内3

1階にリビングスタジオさんという輸入家具屋さんがあります。当院は、2階の奥から2番目の所にあります。

道案内4

リビングスタジオさんの前を通過して、奥までお進みください。

道案内5

突き当りの奥2台が当院の駐車場になります。 お車で来られる方は、こちらをご利用ください。

道案内6

駐車場の正面(線路側)に入口があります。 こちらから2階にお上がりください。

施術の流れ

施術の流れの説明
はじめての方限定!ホームページ割引
top