大網駅1分の整体 仙人堂【自律神経専門】プロに指導する実力

大網駅徒歩1分! 無料駐車場完備 21時まで営業
仙人堂

自律神経専門整体院 仙人堂

  • 自律神経専門整体とは?
  • 施術科目一覧
0475-78-3470 9:00〜21:00(木午後・日休) 完全予約制
  • WEB予約
  • LINE予約
  • お問い合わせ
  • 歪みの矯正
  • 内臓の調整
  • 心理療法
  • 小顔矯正

グロインペイン症候群

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 走り込みの練習で股関節を痛めた
  • 痛みがなくなったので練習したらまた股関節が痛くなった
  • 股関節が痛くて全力で走れない

グロインペイン症候群の症状とは?

60b51a0d24e821326570edc0af08dfcd_s

グロインペイン症候群は、サッカーやランニングなどで、キックを行ったときに、股関節の周囲に痛みを引き起こす症状のことです。

 

スポーツをやっている方で、股関節周りの痛みを感じるようでしたら、グロインペイン症候群を患っている可能性が高くなります。

 

別名「鼠径部痛症候群」とも呼ばれ、鼠径部の周辺に痛みを感じます。

 

鼠径部以外では、下腹部、坐骨部、睾丸後方、内転筋近位部などに痛みを感じることが多くなります。

 

痛みが強くなると、ボールを蹴るなどの動作もできなくなります。

どのような原因で発症するのか?

グロインペイン症候群は、サッカー選手に多く、サッカー選手の場合もボールを蹴る動作が、グロインペイン症候群の直接の原因となっています。

 

また、直接の原因ではなくても、足首の捻挫や腰痛により、身体の他の部分に問題が生じたときにも、その部位の痛みをカバーするために無理な動作を行うため、グロインペイン症候群の原因となることがあります。


少し詳しく解説すると、体幹から股関節周辺の拘縮(関節包外の軟部組織が原因で起こる関節の可動域制限)が起こっています。

 

筋力の低下の他、骨盤が不安定になり、体幹と下肢との連動もうまくいかなくなり、痛みと機能障害の悪循環などが生じ、症状が慢性化してしまいます。

グロインペイン症候群と似た症状を持つ疾患

グロインペイン症候群にも似た症状の疾患があります。

 

似た症状の多くは股関節の痛みを感じる疾患や症状です。

 

例えば、変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨骨頭壊死症、大腿骨頚部転子部骨折、感染症による股関節炎、他にも月経前症候群や妊娠の初期症状による股関節の痛みも、グロインペイン症候群の股関節の痛みとよく似ています。

 

正確な診断には、病院の整形外科を受診すべきですが、感染症は内科、原因が妊娠や月経によるものなら婦人科を受診してください。

合併症

グロインペイン症候群は、サッカーの練習のしすぎやサッカーが好きな子供に多く発症します。

 

痛みが股関節の周辺ですので、いくつかある他の股関節の障害も含めて検討する必要があります。

 


グロインペイン症候群の他には、単純性股関節炎、大腿骨頭すべり症、ペルデス病、化膿性股関節炎、先天性股関節脱臼などの症状が考えられます。

 

一つの症状ではなく、複数の原因により、股関節の痛みが起こることがありますので、整形外科での精密な検査が必要です。

 

サッカーが好きなお子さんであれば、たいていは、グロインペイン症候群とみて、すぐに医師の診断を受けてください。

悪化するとどうなるか?

グロインペイン症候群は、初期の頃には、休むと痛みがなくなり、治ってしまった、何もなかったと勘違いすることが多く、また無理をしてしまい痛みを感じるようになります。

 

初期症状を何度か繰り返すと、痛みが慢性化します。

 

ひどくなれば、足を動かして歩いたり、運動をしたりするのも苦痛になります。

 

練習や運動も中止して治療に専念しなければ、治療が長引き完治も難しくなりますので、早期にグロインペイン症候群なのかどうかを診断してもらい、適切な治療、あるいはそれ以上グロインペイン症候群の症状が悪化しないように予防策を実施する必要があります。

病院での診断基準

グロインペイン症候群の診断には、画像検査が行われ、明らかに他の物理的な異常による疾患とを区別する必要があります。

 

スポーツヘルニア、閉鎖筋損傷、坐骨骨軟骨離開、恥骨下枝疲労骨折、股関節唇損傷などの症状を画像診断により区別します。

 

グロインペイン症候群では、体幹、股関節から脚への動きが悪くなって、ぐらついて不安定になります。さらに、協調性低下といって動きそのものがバラバラになります。

 

こうして、骨盤周囲の働きが低下し、運動時に鼠径部の周りに痛みを生じさせるものです。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

グロインペイン症候群で最も有効な予防・対策法は、サッカーなどの激しいスポーツを行っている場合であれば、いったん練習を休止し、安静にすることです。

 

運動を再開しても再度同じような股関節周りの痛みを感じるようであれば、グロインペイン症候群やその他の疾患を患っている可能性が高くなります。


他にご自身でできる予防・対策法は、テーピングやサポーターで患部を固定したり、腰痛に使う装具で骨盤を安定させたり、湿布を貼って、痛みや炎症を和らげる方法があります。

 

積極的に改善するなら、筋力を強化したり、ストレッチやダイエットを実行したりする運動療法が行われます。

グロインペイン症候群でお悩みの方へ

dsc00643

グロインペイン症候群の治療では、セルフケアの項でもご説明したように、安静を基本とします。

 

オーバーユースによる、股関節周りの痛みの症状ですので、安静にすれば痛みは解消します。

 

実際の治療では、マッサージやストレッチ、電気治療が行われています。

 

太ももの筋肉やお尻の筋肉に対して重点的に実施されます。

 

炎症が起こっている場合は、アイシングを行います。

 

競技への本格的な復帰には、その後のリハビリが最も重要です。

 

骨盤や背骨、股関節など、原因となる部位に対しての重点的なリハビリが有効です。

 

手術によるグロインペイン症候群の治療は、場合により実施されますが、確実に治る保証はありません。

 

当院でのグロインペイン症候群の治療は、骨盤の歪み、股関節に関連する筋肉の調整を行い痛みを解消していきます。

 

グロインペイン症候群は、よくなるまでに2~3か月の期間を要し安静が必要だと言われています。

 

できるだけ早く改善したいとお考えの方は、ご相談ください。

 


全国の院長クラスの先生達に指導する高度な技術力!

メディア掲載情報

アクセスマップ

仙人堂(せんにんどう)

〒299-3235
大網白里市駒込440−8
大網ハイツB棟203

0475-78-3470

営業時間 : 9:00~21:00
定休日 : 木午後・日

完全予約制
地図
地図
JR外房線大網駅徒歩1分 無料駐車場2台完備 21時まで営業

仙人堂への行き方

道案内1

大網駅の改札を出たら、左手のパン屋さん方面に向かって下さい。

道案内2

前方に同じようなマンションが2件あります。 コチラの右側の交番の前にあるマンションの2階に当院があります。そのまままっすぐお進みください。

道案内3

1階にリビングスタジオさんという輸入家具屋さんがあります。当院は、2階の奥から2番目の所にあります。

道案内4

リビングスタジオさんの前を通過して、奥までお進みください。

道案内5

突き当りの奥2台が当院の駐車場になります。 お車で来られる方は、こちらをご利用ください。

道案内6

駐車場の正面(線路側)に入口があります。 こちらから2階にお上がりください。

施術の流れ

施術の流れの説明
はじめての方限定!ホームページ割引
top