逆流性食道炎

症状・部位:

逆流性食道炎body_syokudou_i_chou (1)

逆流性食道炎とは別名、胃食道逆流症とも呼ばれており胃酸が食道に逆流し食道の粘膜を刺激し炎症を起こさせる病気です。

近年、20代~30代の女性の方を中心に増加傾向にあり当院にも非常に多く来院されています。

逆流性食道炎になるとどのような症状が生じるのか?

逆流性食道炎の3大症状とは、胸やけ、げっぷ、のどの違和感があります。

逆流性食道炎と併発して起こる病気

他にも、胃もたれ、食事中・後や横になったとき喉や口に強い胃酸が逆流する(呑酸)、嘔吐、食物が食道を通過する際に痛みがでる、喉・胸に不快感・違和感を感じる、腹部の膨満感、ゲップが多くでる、食欲不振になる、就寝中の逆流による誤嚥での呼吸器系の症状が現れるといわれています。

悪化すると呼吸器系の障害、嚥下障害が起きるといわれています。

逆流性食道炎の種類・似たような病気

狭心症、食道がんなどがあるようです。

原因としては、下部食道括約筋(食道と胃のつなぎ目にある筋肉で、食べ物が食道から胃にゆるんで落ちるようにし、それ以外の時は胃の内容物が逆流しないようにしている筋肉)が、何かしらの影響で機能低下したことによるといわれています。

また、胃酸の過剰分泌、加齢、過飲過食、肥満、妊娠、薬の服薬、悪い姿勢、妊娠、ストレスなどによる下部食道括約筋の機能低下ともいわれています。

悪化するとどうなるか?

食道がん、胃がん

逆流性食道炎の対策

胸焼けなどの症状や、体に何かしらの違和感を感じたら専門機関の受診をオススメします。

・食生活等の見直し

一度に食べ過ぎない、消化のよいバランスの食事にする

・喫煙・飲酒を控える

・日頃の悪い姿勢の改善

病院での治療法

個人差や症状、状態によるようですが、胃酸の分泌を抑える薬を服用、手術としては食道と胃のつなぎ目である噴門を締めなおす噴門形成術を行うようです。

当院での治療法

胃の調整に加え、噴門部の機能を正常にする治療を行います。

逆流性食道炎は、自然治癒が難しく、病院でも長期的な通院が必要になるケースが多いです。

生活習慣を見直さないと、再発するケースも多いので根本から治療していく事が重要です。

 

 

 

 


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約