モートン病(足の指の付け根の痛み)

症状・部位:

body_foot_side

こんな症状でお悩みではありませんか?

☑︎足の指の付け根が痛み歩くのがつらい

☑︎足の指の付け根がしびれて立っているのがつらい

モートン病とは?

足の裏が痛い、こんなときには、「モートン病」の疑いがあります。モートン病の名づけ親は、モートン神経種を発見した、トーマス・G・モートンです。

あまり聞きなれない病名ですが、足の裏の痛みやしびれの原因は、モートン病を患っている可能性が高いといってもいいでしょう。

モートン病の具体的な症状は、足の中指と薬指の付け根が痛み、しびれるものです。

男性よりも、30代~40代の女性に多い病気です。

モートン病は、足の部分に腫れや赤みなどの見た目の変化がないので、わかりにくい病気です。

原因

img_4826モートン病の原因は、中腰の作業が多い方やハイヒールをよく履く方によく見られることから、女性でつま先立ちをする姿勢が長時間続くこと、というものが主な原因です。

若い20代の方でも発症する場合があります。

また、槌趾変形(マレット指)がある方には、つま先立ちの姿勢を続けると、通常の指をしている方よりも、モートン病を発症しやすいと考えてください。

長時間のつま先立ち以外にも、足幅の狭い靴を履く、高いヒールを履いている、硬い路面でスポーツをしている、などの原因でも、モートン病が起こる可能性が高くなります。

似た症状を持つ病気や疾患

komuragaeriモートン病の診断では、画像診断や患部を叩いて診断する方法があります。

中足骨の足裏つま先側先端の第3趾と第4趾の間の部分を叩いて、痛みが広がった場合にモートン病の確率が高くなります。

似たような症状には、足根管症候群、中足骨痛、足底筋膜炎(足底腱膜炎)などがあります。

モートン病との違いは、素人には判断できません。足の裏の痛みを感じたら、整形外科を受診し、原因を特定し、早期治療を行いましょう。

いずれの病気であっても、放置していると完治までの時間が延びてしまいます。

手術での治療にならないよう十分に注意してください。

合併症

img_4825足の指の痛みを感じたときに、代表的な病気といえば、モートン病です。

一般的には聞きなれないこともあり、モートン病と聞いても、どんな病気なのかがイメージできない人がほとんどです。

足指の間に痛みやしびれなどの症状が発生するものですが、ハイヒールをよく履く方や、つま先立ちの姿勢が長く続くと、靭帯の神経が圧迫されて症状が引き起こされます。

治療せずにこのまま放置していると、腰や膝、足首の関節にも影響が出てしまいます。

神経の圧迫による痛みと不快感を感じます。

病院での診断基準

モートン病の病院での診断は、確定診断では、レントゲン検査、筋電図検査、MRI検査、超音波検査などを行います。

ただ、確定診断を行うまでもなく、専門医や整形外科医であれば、足の裏の痛みを感じる患部を叩くだけで、診断することができます。

脚気の診断にも使われる器具を使い、足の裏の中足骨のつま先側先端の第3趾と第4趾の間を叩きます。

叩いた後に、さらに痛みが広がるような感覚が起これば、たいていはモートン病です。足の甲側にも痛みや腫れが現れることがあります。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

モートン病を予防するには、適切な靴を履くことです。

ハイヒールなどの踵の高い靴や前足部分が窮屈な靴の使用を避けてください。

前足の部分が窮屈ですと、中足骨周辺の神経が圧迫されます。

合わない靴を履いているだけで、モートン病が悪化してしまいます。

他に、靴を履く際に、矯正用のインソールを着用する場合があります。

矯正用のインソールはいろいろなタイプが販売されており、靴の中での横ブレや前ズレを防ぐようになっています。

足の裏もドーム状になり、歩いていても痛みが軽減し、楽になります。

一般的な治療法

sick_syujutsuモートン病の治療法は、保存的療法と手術療法があります。

矯正用インソールを着用し、数か月様子を見ます。

これまで履いていたハイヒールの使用を止め、足が楽になる靴を履いてください。

病院で処方される炎症を抑える薬を飲んだり、神経の回復を促すビタミンB12を服用したりします。

さらに、運動療法により足指の関節を曲げ伸ばしし循環をよくしたり、ステロイド注射によるブロック注射により炎症を抑えます。

こうした保存的療法で、3か月ほど様子をみて、改善されない場合は、整形外科医による手術療法を行います。

神経剥離、神経腫摘出、深横中足靭帯の切離などの手術がケースバイケースで実施されます。

仙人堂でのモートン病の治療法

dsc00636モートン病は、段階的に症状が悪化していきます。

最初は靴を履いたときに、足の中指や薬指の間にしびれを感じます。

早期発見し治療をすれば、早期に完治する病気です。

悪化すると痛み部分の周辺組織や足底の皮膚から伝わる力が神経を圧迫し、炎症を起こしたり、神経腫ができたりします。

悪化すれば、痛み止めの処置を行い、足の形の矯正や手術も必要になってきます。

モートン病の手術は、病院では保存的治療を行っても、症状が改善しない場合の最終手段として採用されています。

モートン病は、足に体重がかかりやすい為、治療後もすぐに痛みが取れてもまた痛みが戻りやすくもあります。

当院では、なるべく間隔を空けず繰り返し治療を行い、モートン病の原因となる中足骨の歪みを解消します。

また、立ち方などの生活習慣に問題がある方も多い為、全身のバランを整え、痛みの出にくい状態に治療します。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約