睡眠時無呼吸症候群

症状・部位:

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。suimin_mukokyu

近年注目されている病気で医学的には10秒以上の無呼吸、一晩(平均7時間くらい睡眠時間)に30回以上の無呼吸。

または1時間あたりに5回以上の無呼吸があり、日中の活動時間帯に様々な影響を及ぼすといわれています。

また、眠っている時ということもあり本人が症状に気付きにくいです。

症状

睡眠中のいびき、いびきが止まり大きな呼吸と伴にいびきが始まる、何度も目が覚める、息苦しくなり突然目を覚ます、呼吸が乱れる、寝汗をかく、日中の活動時にはズキズキとした頭痛、スッキリ起きられない、口が渇く、熟睡感がない、だるい・倦怠感、身体が重い、強い眠気、疲労感、集中・記憶力の低下、脳機能の低下で仕事の効率が極端に下がったり、気分がふさぎ込む

また、悪化すると夜中に覚醒している状態なので自律神経の乱れに繋がり、循環器に影響を及ぼす他、高血圧、生活習慣病や、心疾患、脳卒中などの病気を起こすといわれています。

種類

睡眠時無呼吸症候群の中でも、物理的な問題の閉塞性睡眠時無呼吸症候群、中枢の異常で中枢性睡眠時無呼吸症候群と分けられます。

主に9割が閉塞性睡眠時無呼吸症候群と診断されるといわれています。

原因

空気の通り道である上気道が物理的に鼻の構造の問題、顎が小さい(上気道の狭窄)、肥満により首が太い、または短い、舌根(舌の付け根)や喉ちんこの筋肉活動の低下で気道に落ちる、扁桃腺の肥大が閉塞性睡眠時無呼吸症候群に繋がるといわれ、胸や胸郭、呼吸に使われる筋肉、抹消神経には異常がみられず、呼吸を制御している脳の問題で呼吸指令がされずに中枢性睡眠時無呼吸症候群になると言われています。

対策・セルフケア

睡眠時に苦しくなって起きてしまう、息苦しい、熟睡感がないなど違和感を感じたら、自己判断せず専門機関への受診をお勧めします。

また適切な指示により適度な運動をする、口呼吸をせず鼻呼吸を意識する、食生活の見直し、寝方を変えるなどをし、なるべく生活習慣病にならない・悪化しないように努めます。

病院での治療法medical_cpap_mask

個人差や状況によるようですが、

・外科
扁桃などを切除・上気道を拡大

・内科的
圧力加え空気を鼻から送り込み、強制的に狭まった気道を広げ呼吸を確保する治療と、マウスピースで行うようです。

当院での治療法

睡眠時無呼吸症候群は、喉周囲の骨の歪みを正常な状態に戻すことで改善させます。

不眠症でなやんでいる方は、実は睡眠時無呼吸症候群だったということはよくあります。

不眠症でいびきをかいている方は、当院にご来院ください。

 


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約