シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

症状・部位:

こんな足の痛みでお悩みではありませんか?

☑すねの内側が痛い

☑歩くのがつらい

☑走ったりジャンプをすると痛み

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)の症状とは

body_foot_sideマラソンを始める方が増えており、老若男女を問わず、簡単に始められることから、初心者の健康法としても最も手軽で継続してできる運動です。

ところが、練習のしすぎ、走りすぎにより、「シンスプリント」の症状を訴える方が増えています。

シンスプリントは、簡単にいえば、スネの内側が痛くなる病気です。

シンスプリントになったとき、最初はスネの内側が痛みます。

その後、ふくらはぎも痛み出します。

運動をしている際にも、走ったりジャンプをすると痛みます。

痛みはズーンと重く鈍い感じの痛み、または骨がきしむような痛みを感じます。

どのような原因で発症するのか?

komuragaeriシンスプリントは治療をすれば、必ず治る病気です。

しかし、そのまま我慢していると、「疲労骨折」を起こします。

そうならないように正しい原因を知っておきましょう。

シンスプリントでは、スネの骨の内側や外側が痛みますが、スネの周囲にあるヒラメ筋、腓腹筋、前脛骨筋などの筋肉が、強く緊張し、スネの骨膜を引っ張ります。

こうした緊張が強く起こって、引っ張り具合が長期間続くと、やがて、骨膜が耐えきれなくなり、炎症を起こし痛みが発生します。

こうした症状が、シンスプリントと呼ばれるものです。わかりやすく言えば、筋肉が硬くなったことが原因です。

似た症状を持つ病気や疾患

mukumiシンスプリントは、スネの内側が痛む怪我ですが、似た病気もいくつかあります。

足の血管の障害に似た症状が出ることがあります。

例えば、下腿静脈瘤や下肢閉塞性動脈硬化症と呼ばれる病気です。

若い方ではなく、中年以降の患者の病気として知られています。

運動をしていなくても、スネからふくらはぎの部分が強く痛み、しびれを感じます。

歩くのも困難なほど強い痛みを感じます。

下腿静脈瘤は、足の部分にコブができます。

下肢閉塞性動脈硬化症は、表面的には変化が見られない血管の病気ですので、医師の診断に任せるしかありません。

合併症

シンスプリントそのものが、下腿に生じる骨膜炎、筋炎、腱炎とこれらの合併症という意味です。

同じシンスプリントであっても、前部に発症する場合と、後部内側に発症するケースがあります。

いずれにしても症状が出たまま原因を突き止めず、放置していると、最終的には痛みが強くなり、ランニングができなくなります。

完全に治癒するまで、半年間は歩けない、激しい運動ができないこともよくあります。

重度のシンスプリントでは、脛骨の疲労骨折へと進展することがあります。

病院での診断基準

monshin_womenシンスプリントは、スネの内側部分の痛みです。

病院での診断においては、シンスプリントと疲労骨折とを的確に判断できる医師のいる病院を選ぶべきです。

特に疲労骨折は、シンスプリントが重症化したものです。

そこまで症状が悪化していると、完治にまで長い期間を必要とします。

レントゲンでの判別も難しいことから、MRIによる画像診断でも、スポーツ障害に特化した病院や医師による診断を必要とするでしょう。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

スポーツトレーナーや医療現場でも、セルフケアや予防法を指導しています。

初期対応としては、運動量を少なくし、足の部分にかかる負荷を減らすことです。

また、アイシングにより、骨膜の炎症を抑えるために熱を下げる治療を行います。

炎症が鎮静化するまでは、アイシングが効果的です。

痛みが戻る場合は、テーピングやストレッチ、マッサージを行います。

ストレッチやマッサージは、正しい方法で行わなければ、逆効果になることもあり、要注意です。

また、シンスプリント用のインソールも商品化されており、使い方を間違えなければ、有効な予防法になります。

一般的な治療法

シンスプリントは、何度も再発しやすい病気です。

セルフケアや予防を行っていても、なかなか完治しない、再発する場合は、整形外科での治療の他、シンスプリントに強い治療院が全国各地に存在しています。

整形外科では、消炎鎮痛作用のある外用薬やインソールを処方しますが、理学療法として、アイシング、マッサージや温熱療法も行います。

それと併用して、シンスプリントに強い、整骨院や接骨院、整体院でじっくりと治療を行うことが完治への最短距離です。

治療院選びのポイントとしては、シンスプリントに関する治療実績も豊富で、しっかりとした根拠があり、改善の見込みが高い治療法を採用しているところでしょう。

仙人堂でのシンスプリントの治療法

dsc00643シンスプリントは、練習中は痛みを感じない、そのうちよくなる、そう考えていると手遅れになってしまいます。

スネの内側の痛みや違和感を感じたら、原因を突き止め、今やっている練習方法や運動方法を変える必要があります。

シンスプリントは、スネ周りのよく使う筋肉の痛みです。

初期の痛みでも、慢性的に痛みを感じるようになります。

シンスプリントは、骨膜の炎症ですので、悪化すると疲労骨折を引き起こします。

悪化したシンスプリントの症状は、なかなか改善しませんので、早めの治療や運動方法の改善が必要です。

当院では、スネの骨膜を引っ張る、ヒラメ筋、腓腹筋、前脛骨筋などの筋肉の緊張を取る治療を行います。

状態のひどい方は、練習を控えていただく場合があります。

どこにいってもよくならないシンスプリントでお悩みの方は、当院へお越しください。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約