タナ障害

症状・部位:

タナ障害の症状とは?

basketball_boysタナ障害は、膝の痛みを生じる障害です。

タナ障害以外には、タナ症候群とも呼ばれることがあります。

膝の屈伸を繰り返す人や打撲を伴う激しいスポーツを行う人に起こる障害です。

膝を屈伸するときに、痛みや違和感があり、ひっかかるような感じや挟まるような感じがします。

パキンという音がすることがあります。

人により痛みの感じ方が違い、膝の皿のあたりが重苦しい、膝に挟まったような感覚がある、といった症状が現れます。

患者は10代~20代の若い人に多く、男性よりも女性の割合が高くなっています。

発症しやすいスポーツとしては、野球、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、陸上競技などになります。

原因

タナ障害の原因は、膝関節包と呼ばれる部分にある「タナ」と呼ばれる滑膜ヒダが、膝蓋骨と大腿骨の間に挟まれ、炎症を起こすものです。

タナの部分に炎症が起き、違和感や痛みを感じるような症状です。

タナそのものに問題があるわけではなく、その周囲の骨との摩擦や激しい動きにより、タナが肥厚化したり、瘢痕化したりすることで痛みをもたらします。

膝を酷使する、打撲する、太ももの筋肉が疲労して緊張していれば、タナにも負荷がかかります。

タナがない人もいますし、タナの形状も様々ですので、人により症状にも違いが出ます。

似た症状を持つ病気や疾患

タナ障害とよく似た症状の疾患は、半月板損傷や膝蓋大腿関節不適合症候群です。

半月板損傷は、膝の痛みの他に、引っかかった感じがあったり、膝の曲げ伸ばしができなくなったり、膝関節部分が腫れる疾患です。

膝蓋大腿関節不適合症候群は、膝蓋骨の厚さが不十分であったり、膝蓋骨と重なる太腿骨の溝が浅いと関節がうまく適合せず、膝蓋骨が脱臼・亜脱臼します。

太腿を内側にひねったり、骨盤が広がったり、膝が外側に開いたりしている場合に起こる疾患です。

若い女性に多い疾患としても知られています。

合併症

膝の障害や疾患は多数ありますが、タナ障害には、合併症がないようです。

似た症状には、半月板損傷や膝蓋大腿関節不適合症候群などがありますが、いずれも発生原因が違っています。

膝周りが重苦しい感じになったり、膝の内側を押すと強い痛みを感じます。

初期症状では、膝を動かすときに痛みが生じます。

そのまま放置していると、安静時であっても膝の部分にジンジンとした痛みを感じ、その痛みが長時間続くようです。

悪化するとどうなるか?

タナ障害は、膝の屈伸時に痛みや違和感を感じます。

膝のお皿の部分が重苦しかったり、何かが挟まっていたり、人によって感じ方が違います。

膝の痛みや違和感を感じたときに、そのまま対処しなければ、激しいスポーツをしている人であれば、症状が悪化していきます。

ひどくなると、安静にしていても、膝が痛み、長時間その痛みが続きます。

膝を酷使するスポーツを行う人は、できれば症状が軽いうちに治療を始めたほうがいいでしょう。

病院での診断基準

kenkoushindan_mriタナ障害は、膝の内側が痛むと同時に、膝を動かしたときに、パキンという音がします。

こうした音からタナ障害が疑われる場合は、病院で診察を受け、MRI検査の画像診断を行い、タナの存在を確認して、最終的な診断を下すようになっています。

また、タナ障害を自分で見つける簡単な方法があります。

膝の皿の内側に親指を当てた状態で、膝の曲げ伸ばしを行います。

その際、ポキポキとかパキパキといった音がした場合、タナ障害を疑ったほうがいいでしょう。

もちろん、病院での診察を受けて、治療を行ってください。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

hospital_supporterタナ障害は、一度かかると再発しやすい障害です。

また、予防を行うことができますので、膝の痛みの症状が出やすい人は、しっかりと対策を行いましょう。

タナ障害が慢性化しないためには、膝の周りの筋力を強化し、ストレッチ等により柔軟性を上げるようにすることです。

日常的にスポーツを行う人やスポーツ選手であれば、トレーニングを念入りに行えば、タナの摩擦が起きにくくなります。

また、膝にはサポーターを装着して、膝の冷えによる筋肉の硬直を防ぎ、タナの炎症が起こらないようにすればいいでしょう。カイロや入浴なども有効な予防方法です。

一般的な治療法

image軽症のタナ障害では、経過観察を行いますが、スポーツ選手であれば、しばらくトレーニングなどを中止し安静にします。

必要に応じて、アイシングや消炎鎮痛剤を服用し、湿布の貼り付けを行います。こられはあくまでも対症療法です。

炎症は1~2か月程度でなくなります。

タナ障害が慢性化した場合は、膝の痛みや違和感が軽減しません。

スポーツや仕事、階段の昇り降りにおいても、支障が出るようであれば、手術による治療を選びましょう。

タナ障害の手術は、膝の関節内に関節鏡を差し入れてタナを切除するものです。

傷口は小さいので、数日間で通常通り歩くことができます。

仙人堂でのタナ障害の治療法

hp8仙人堂では、膝蓋骨と大腿骨の歪みを正しい位置に矯正し、炎症を抑えることで痛みを解消させていきます。

聞きなれない名前で、不安に感じる方も多いと思いますが割と多い疾患です。

 


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約