TFCC損傷(小指側の手首の痛み)

症状・部位:

こんな症状でお悩みではありませんか?

☑︎立ち上がる時に手首をつくと痛む

☑︎フライパンを持つと手首が痛む

☑︎ドアノブを回すと手首が痛む

☑︎小指側の手首が痛む

TFCC損傷とは?

tennis_coachTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)は、スポーツ選手ではテニスやバドミントン、野球などでもよくみられる怪我です。

特に手首の部分の怪我として知られ、手首や手関節の可動域に制限が残ったり、痛みが残存することがあります。

TFCC損傷の症状がひどいと、神経症状として認められることがあります。

TFCCは、手首にある、三角繊維軟骨複合体です。

この部分は骨ではありません。

靭帯と同じような軟部組織です。場所は、親指側にある腕の骨橈骨と小指側にある腕尺骨と8つの骨からなる手根骨という部分にあり、この組織を損傷することを、TFCC損傷を呼びます。

原因

jiko_isu_korogeruTFCC損傷の原因は、スポーツ選手などの手首を酷使する人ばかりではありません。

手首を繰り返し使う仕事をする人や交通事故による外傷、加齢変性などもTFCC損傷を引き起こします。

交通事故の場合では、バイクや自転車の事故で転倒したときに、手を地面につこうとして倒れたときには、かなりの重症を負います。

また、自動車のハンドルを握っていて、過度に手のひらを返す動きがあったときにも、TFCC損傷を発症します。

テニス、バドミントン、野球などで手首を酷使する人は、長期間の治療を要し、治りにくい怪我です。

似た症状を持つ病気や疾患

smartphone_kensyouenTFCC損傷に似た症状はたくさんあります。

手の部分の腱鞘炎や靭帯の炎症などの症状がよく似ています。

TFCC損傷は、手首の腱鞘炎の1つとされていますので、似た症状であっても、TFCC損傷を発症している可能性が高いといえます。

TFCC損傷では、手首の小指側の疼痛を感じます。

医師の診断を受けなければ、正しい判断はできません。

そのため、手首の小指側の疼痛を感じた時点で、早期に整形外科のなかでも特に手外科が専門の医師に診察を受けて、正しく病気を知りその治療を行うといいでしょう。

 

合併症

TFCC損傷と手関節捻挫は同時に発症することがあります。

手関節捻挫は、手をついたり、ひねったりして手関節に疼痛を生じさせる軟部組織損傷です。

その病態の一つが、TFCC損傷になっています。

手関節捻挫は、手関節部分のX線検査では異常が発見できないことがあります。

そのまま放置すると、難治性になってしまうケースが多く、外固定を行い、その後の経過をうかがいながら、ゆっくりと改善させていくのか、治療を行うのかの判断をしていきます。

悪化するとどうなるか?

computer_keyboard_hand_itaiTFCC損傷を患った場合、手首の痛みがあっても、少し安静にしていると痛みがなくなります。

しかし、再び手首を動かすと疼痛がするようであれば、TFCC損傷の症状が悪化していると考えられます。

毎日、仕事や家事をする方は、必ず手首を使用します。

TFCC損傷では、手首の靭帯や軟骨に炎症を起こしているため、再びダメージが起こり、さらに手首の小指側の痛みが悪化するものと考えてください。

手首の関節には衝撃を吸収できる筋肉もなく、悪化しやすいのもTFCC損傷の特徴です。

病院での診断基準

bottle_waterTFCC損傷の病院での検査や診断方法での注意点は、画像所見が認められても症状がないケースが多く、臨床所見と併用してTFCC損傷の診断を行います。

臨床所見では、患部を押さえると痛みが出ます。

詳しくいえば、手関節の尺側、TFCCの部位に限り圧痛があれば、TFCC損傷だといえるでしょう。

日常生活でドアノブや蛇口を回す、ペットボトルを開け閉めする動きで痛みが誘発されるかどうかもポイントになります。

他に徒手テストといって、尺屈回外テストや尺屈回内テストが行われます。

そして、X線撮影や画像検査のMRIを行います。

判断が難しい場合には、関節鏡検査が行われます。

○自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

wristcut_womanTFCC損傷は、一度患ってしまうと、体の中でも最も動かすことの多い手首の関節部分です。

そのため、症状が悪化したり、なかなか完治しないことがあります。手首の痛みを悪化させないよう、負担を軽くしてください。

手首はサポーターやテーピングでしっかりと固定しておけば、負荷がかからず症状が悪化しにくくなります。

手首の安静を保つだけで、7割近くの方は、TFCC損傷の症状が改善します。

アイシングで炎症の症状を抑え、安静にすれば、組織の回復も早くなります。

一般的な治療法

medicine_capsuleTFCC損傷の治療は、保存療法から始まります。手首の部分を安静にし、それ以上の負担をかけないようにしましょう。

痛みが強い場合は、アイシングや湿布などの外用薬、消炎鎮痛薬などの内服が処方されます。

次に注射では、局所麻酔薬やヒアルロン酸、ステロイドを注射し、炎症や痛みを抑えます。

安静の保持には、装具やサポーター、テーピングを用います。

保存療法で改善が見られない場合は、関節鏡視下手術、直視下手術、尺骨短縮術などの手術を行います。

入院期間は概ね1週間以内です。TFCC損傷の手術後のリハビリは念入りに行います。

靭帯の軟部組織の回復には6~8週かかるからです。

当院での治療法

※当院での治療法は自分で書きます。(記載不要)


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約