坐骨神経痛(梨状筋症候群)

症状・部位:

こんな症状でお悩みではありませんか?

☑おしり~足先がしびれる

☑股関節が抜けそうな感覚がある

 

坐骨神経痛とは

komuragaeri坐骨神経痛とは、別名、梨状筋症候群とも呼ばれ、おしり、太もも、ふくらはぎ、足先がにしびれが生じる状態を表します。

坐骨神経痛の原因とは?

大きく分けて2つの原因があります。

body_kotsuban_white1、筋肉が原因のもの

梨状筋とは、大腿骨から仙骨にかけて付いている筋肉です。
 
この筋肉の下に坐骨神経は通っているのですが、大腿骨が前方に歪み梨状筋の筋肉が過度の緊張を起こし神経を圧迫ししびれが生じます。

2椎間板ヘルニアによるもの

youtsu_woman筋肉以外の原因ですと、ヘルニアによる坐骨神経痛が原因です。
 
椎間板が後方に変位して、神経を圧迫ししびれが生じます。

坐骨神経痛になりやすい体の使い方

1、横座り

2、沈み込むソファーに長時間座っている

3、介護の移乗行為のような動き

このような動きをしている方は、梨状筋に負荷がかかりやすく坐骨神経痛になりやすいです。

坐骨神経痛でお悩みの方へ

dsc00304

私も、介護の仕事をしていた時、坐骨神経痛に悩んだ経験があります。

突発的にくる痛みのようなしびれとは、なんとも嫌なものです。

坐骨神経痛は、しびれが足に向かうほどひどい状態です。

間違われやすい疾患ですと、足底筋膜炎やシンスプリント、股関節の裏側の痛みなどがあります。

特に股関節の裏側の痛みは、誤診で坐骨神経痛と診断され、意味のない治療を何年も受け続けている方もいます。

状態がひどくなると、歩けなくったり、筋力が低下し足に力がはいらなくなることもあります。

椎間板が飛び出しているのが原因であれば、椎間板ヘルニアの治療を行います。
 
梨状筋が原因であれば、骨盤の歪みを矯正し神経を圧迫している筋肉を解消する施術を行う事で痺れは消失します。

また、両方が原因の場合もあります。

こうなってしまうと、非常につらい状態になるでしょう。

坐骨神経痛は、初期のものであれば3~5回くらいでよくなります。

ヘルニアなどでしびれが生じているケースですと、10回以上の治療が必要になる場合があります。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約