前十字靭帯損傷

症状・部位:

こんな膝の痛みでお悩みではありませんか?

☑膝から下が不安定に感じる

☑膝がガクッと崩れる時がある

☑痛みがひどいと歩けない

前十字靭帯損傷の症状とは?

sports_soccer_kega前十字靭帯損傷の症状は、基本的には膝が痛みます。

膝関節の中にある、前十字靭帯の全部、あるいは一部が断裂し損傷するものです。

また、膝関節が腫れることもあり、膝から下の不安定感を感じます。

さらに膝崩れといって、歩いているときに意図せずに膝が曲がってしまい、歩きにくかったり、痛みがひどいと歩けないこともあります。

合併症としては、半月板損傷、内側側副靭帯や後十字靭帯損傷を伴うことがあります。

具体的には、サッカーやバスケ、ラグビー、バレーボールなどのさまざまなスポーツで起こることが多く、前十字靭帯損傷による怪我です。

どのような原因で起こるのか?

soccer_dribble2で前十字靭帯損傷の原因は、外傷によって起こるものです。

膝関節の正常な可動域を越えた動きをしたときに生じます。

もう少し具体的なケースを出せば、急激な方向転換やジャンプの着地に失敗したときなどです。

つまり、ジャンプ、着地、ひねり、ストップの際に膝にストレスがかかり、受傷する非接触性損傷になります。

他に、膝に直接当たることで起こる接触性損傷もあります。

いずれも、脛骨が前方にずれながら内旋するような力が加わって膝が損傷します。

スポーツでは、サッカー、バスケ、バレーボール、スキー、野球、器械体操をしていると、前十字靭帯損傷を起こしやすくなります。

似た症状を持つ疾患

kansetsutsuu_hiza膝の病気や損傷の種類は大変多くなっており、膝が痛むからといって、前十字靭帯損傷と即断できるわけではありません。

前十字靭帯損傷は、膝にある4本の主な靭帯のうち、前十字靭帯に起こる外傷のことです。

完全に切れてしまう場合と、部分的に切れてしまう場合があります。

似た症状としては、膝のその他の靭帯の損傷です。

例えば、後十字靭帯損傷、側副靭帯損傷、半月板損傷、大腿骨、脛骨、腓骨の骨折など、複数の病名があり、ご自身で前十字靭帯損傷と診断することはできません。

必ず医師の診察を受けて、正しい診断結果による治療を行いましょう。

合併症

rikujou_sandantobi前十字靭帯損傷は、膝関節にある靭帯の前十字靭帯を損傷する怪我のことです。

靭帯が完全に切れた場合は、膝前十字靭帯断裂の怪我です。

膝の靭帯には4つあります。

前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4つです。

この中では内側側副靭帯の怪我が最も多くなっています。

合併症の場合は、この4つの靭帯が同時に損傷することです。

前十字靭帯損傷が最も重症だと言われています。

加えて内側半月板損傷も合併症として考えられます。

前十字靭帯断裂、内側側副靭帯損傷、内側半月板損傷の3つの怪我を起こした場合は、アンハッピートライアッドと呼び、最も重い怪我として診断されます。

病院での診断基準

kenkoushindan_mri前十字靭帯損傷は、スポーツ選手に多い怪我です。

経験のある外科医による診断であれば安心です。

レントゲンは、骨の異常がある場合に有効です。

膝関節部分のレントゲンは有効ではなく、MRI検査を行うことが主流です。

前十字靭帯損傷は、脛骨が大腿骨に対して前方へずれている状態です。

整形外科医の診断では、前方に引き出しの徴候が見られたり、ラックマンテストで陽性の診断が出たりします。

外科手術が必要なほど症状が重い場合は、最も正確に診断できる内視鏡検査を行います。

前十字靭帯損傷になった時の対策

image前十字靭帯損傷は、患者自身で診断することが難しい怪我です。

専門家がいなければ、勝手に損傷部分を触らないようにし、絶対安静の状態にしておきましょう。

病院での適切な処置を行うまでは、RICE(Rest Ice Compression Elevation)療法を行うことがあります。

氷を膝に当てて、10分~15分ほど冷やす方法です。

膝が腫れてきますので、弾力包帯で患部を圧迫固定してください。

膝の位置は心臓より高い位置に保つことも忘れないようにしましょう。

一般的な治療法

前十字靭帯損傷は、膝の専門医のいる病院で診断と治療を行うべきです。

スポーツ整形外科医のいる病院がベストです。

治療方法には、保存療法と手術療法の2つがあります。

一度損傷した前十字靭帯は、自然治癒しませんので、スポーツ復帰をする場合や頻繁に膝崩れを起こす場合は、手術を行い治療します。

そのままにしていると、半月板損傷や変形性膝関節症を引き起こします。

仙人堂の前十字靭帯損傷の治療法

 

dsc00643前十字靭帯損傷は、スポーツ時に、ジャンプ、着地、急激な方向転換、ストップ動作、相手と衝突した場合に、膝の関節に異常な回旋力が加わり、前十字靭帯を損傷します。

膝が外れたり、断裂音がすることがあります。

激しく痛み、次第に膝が腫れてきます。

急性期の後は、慢性期がやってきます。

痛みや腫れは軽減しますが、病院への受診や診断が遅れてしまうことがあります。

しかし、関節の安定性が損なわれている場合には、膝がガクッと外れるような膝崩れが生じます。

膝崩れは、自然治癒しないため、そのまま放置していると、膝関節内の半月板や軟骨を損傷します。

最終的には、高齢者に多い変形性膝関節症を発症し、若い方でも膝の痛みで日常生活で歩くことが難しくなり、手術を実施せざるを得ない状況に陥ります。

こうなってしまう前に、早期発見早期治療を行いましょう。

仙人堂では、痛みの原因となる歪みを根本から治療します。

周囲の痛んだ筋肉や、靭帯のバランスを整えることで、痛みを解消します。


  • はじめての方へ
  • 施術メニュー・料金
  • よくある質問
  • アクセス

0475783470

24時間対応インターネット予約