大網・東金・茂原・土気【自律神経専門整体院】仙人堂

仙人堂

自律神経専門整体院 仙人堂

「ホームページを見て」とお電話ください。 0475-78-3470 営業時間/9:00〜21:00 定休日/木午後・日 完全予約制
24時間対応 インターネット予約
  • 大網駅徒歩1分!
  • 無料駐車場完備
  • 21時まで営業
  • 自律神経専門整体とは?
  • 適応疾患一覧
  • お問い合わせ
  • 歪みの矯正
  • 内臓の調整
  • 心理療法
  • 小顔矯正
はじめて割引
口コミ100件
歪みの矯正
内臓の調整
心理療法
小顔矯正
24時間対応インターネット予約
お知らせ
仙人堂院長シモーンブログ
facebook
twitter
Line

変形性腰椎症

こんな腰の不調でお悩みではありませんか?

  • 動作の始まりに腰が痛む
  • 疲れてくると腰が痛む
  • 腰を後ろに反らせると痛みが強まる
  • お尻に痛みを感じる
  • 足がしびれる

 
これらでお悩みの方は、変形性腰椎症かもしれません。

変形性腰椎症とは?

変形性腰椎症は、加齢により、腰椎が変性し、腰痛が起こる疾患です。

筋肉組織の痛みや腰部の疼痛やだるさなどの局所的な症状が現れます。

毎朝起床時などの体を動かし始めるとときに痛みを強く感じ、体を動かし始めた後、日中には痛みが軽減します。

同じ姿勢を長時間続けると痛みが強くなりますし、腰部の痛みの感じ方や箇所はさまざまです。

臀部の痛みはかなり強く頻度も多い傾向があります。

変形が高度になると、外見上も体が側方や後方に曲がり、腰痛が酷いので長時間立っていることが困難になります。

どのような原因でしょうじるのか?

変形性腰椎症は、背骨の椎骨と椎間板という軟性組織が、老化や腰を使い続けた疲労により、潰れたり左右に飛び出したりして、少しずつ変形し痛むことが原因となっています。

椎間板は、加齢により水分量が減れば、弾力性もなくなります。

衝撃を受けたときに、椎骨がぶつかり、骨がすり減ります。

トゲ状に変形したり、椎骨を支える靭帯も硬くなり、椎骨がズレやすくなります。

こうして、神経などの周辺組織を刺激し、痛みを生じさせます。腰の部分は体を支える土台ですので、大きな負荷がかかり、痛みが最も発生しやすい箇所となっています。

似た症状を持つ疾患

変形性腰椎症と同じような症状に痛風があります。

尿酸が溜まり関節炎を引き起こします。

変形性腰椎症も同様に、痛みやしびれが、腰や足の部分で感じます。

腰の骨が変形し、神経が圧迫され、神経が足の感覚を感じてしまい足の痛みやしびれを起こすものです。

他に脊柱管狭窄症といって、脊柱管が狭くなり、中の神経を圧迫する病気もあります。

原因は全く違いますが、いずれも神経を圧迫し、腰や足の部分の痛みやしびれを感じる病気です。

椎間板ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛なども変形性腰椎症とよく似た症状を起こすことがあります。

合併症

変形性腰椎症は、腰の背骨が変形し神経を圧迫して、腰痛や足の痛みを引き起こすものです。

痛みはお尻、ももの後ろ側、ふくらはぎまでと広範囲です。

合併症として、腰部脊柱管狭窄症を発症することが多いようです。

神経の圧迫が強くなり、足のしびれ、冷たさ、足に力が入らない、歩けなくなってくる、といった症状が出てくることがあります。

変形性腰椎症は、腰部脊柱管狭窄症の原因となることが多く、この2つの疾患は、同時あるいは時間差で発症する可能性が高いので要注意です。

病院での診断基準

変形性腰椎症の病院での診断は、画像検査による患部の状態の確認が主な方法です。

基本は、X線検査(レントゲン)です。医師や専門家が、レントゲンの画像を見て、骨が変形しているか、骨棘が形成されているのかを確認します。骨がトゲ状に変化したものを「骨棘」と呼び、専門家が見て始めてその状態がわかるものです。

痛みが強かったり、しびれがひどい場合は、神経まで障害が到達している恐れがあります。

さらに精密な検査を行うために、MRI検査で神経の圧迫の有無を調べ、変形性腰椎症の診断を行います。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

変形性腰椎症は、初期の痛みの症状の段階では、体を安静にするよりも、普通に生活を行い、逆に体を動かし、筋肉を適度に鍛えることが重要です。

過度の運動は避けたほうがいいのですが、ウォーキング、柔軟体操、筋肉トレーニングなどを軽く毎日、継続して行います。

運動やトレーニングをした後は、ゆっくりと入浴し、腰を温めるようにすると、症状が和らぎます。

老化も変形性腰椎症の原因となることがあります。

適度な運動、栄養バランスのよい食事、ストレスとは無縁の生活、睡眠時間をたっぷりとるといった健康的な生活をしていれば、それだけでひどい症状を予防することができます。

一般的な治療法

変形性腰椎症の治療法は、保存療法と外科的療法の二つに分かれます。

保存療法は、消炎剤や鎮痛剤を投薬する薬物療法と運動療法です。

腰部の疼痛が重く、下半身のしびれもひどい場合は、手術などの外科的療法が採用されます。除圧固定術は、脊柱管を狭めている椎間関節や靭帯を切除し、神経の圧迫を取り除きます。体への負担も少なく、根治的治療ですので、痛みが完全に解消します。

SCS法は、体への負担を配慮した治療法で、高齢者や重度の脊柱管狭窄症など、除圧固定術が難しい方に用いられる治療法です。

痛みを伝える脊椎に電気刺激を与え、脳へ痛みの信号を伝えにくくします。健康保険の適用も可能な治療法です。

仙人堂での治療法

dsc00304
変形性腰椎症は、腰の痛みから始まり、動作の始まりや疲れた時に特に腰の部分が痛みます。

腰を後ろに反らせると痛みが強まり、お尻にも痛みを感じ、足にはしびれを感じます。

寝起き直後や寝返りをうったときにも強く痛みを感じます。

重症化するケースでは、脊髄や神経の束、馬尾神経を圧迫するようになると、足にしびれや冷えを感じ、坐骨神経痛となります。

痛みがひどくなると、長時間歩くことが難しくなります。(間欠跛行)

最終的には、腰部脊柱管狭窄症を併発してしまいます。

状態がひどくなればなるほど、改善に時間がかかってしまいます。

ひどくなったからと言ってあきらめる必要はありません。

二人三脚で、根本から改善していきましょう。

 


全国の治療家に指導する技術力

メディア掲載情報

アクセスマップ

仙人堂(せんにんどう)

〒299-3235
大網白里市駒込440−8
大網ハイツB棟203

0475-78-3470

営業時間 : 9:00~21:00
定休日 : 木午後・日

完全予約制
地図
地図
JR外房線大網駅徒歩1分 無料駐車場2台完備 21時まで営業

仙人堂への行き方

道案内1

大網駅の改札を出たら、左手のパン屋さん方面に向かって下さい。

道案内2

前方に同じようなマンションが2件あります。 こちらの右側の交番の前にあるマンションの2階に当院があります。そのまままっすぐお進みください。

道案内3

1階にリビングスタジオさんという輸入家具屋さんがあります。当院は、2階の奥から2番目の所にあります。

道案内4

リビングスタジオさんの前を通過して、奥までお進みください。

道案内5

突き当りの奥2台が当院の駐車場になります。お車で来られる方は、こちらをご利用ください。

道案内6

駐車場の正面(線路側)に入口があります。 こちらから2階にお上がりください。

施術の流れ

施術の流れの説明
はじめての方へ!ホームページ割引
お問い合わせ
top
適応疾患一覧
痛み・しびれ
自律神経・内臓
メンタル
女性の悩み
Copyright© 2017 sennindo All Rights Reserved.