大網・東金・茂原・土気【自律神経専門整体院】仙人堂

仙人堂

自律神経専門整体院 仙人堂

「ホームページを見て」とお電話ください。 0475-78-3470 営業時間/9:00〜21:00 定休日/木午後・日 完全予約制
24時間対応 インターネット予約
  • 大網駅徒歩1分!
  • 無料駐車場完備
  • 21時まで営業
  • 自律神経専門整体とは?
  • 適応疾患一覧
  • お問い合わせ
  • 歪みの矯正
  • 内臓の調整
  • 心理療法
  • 小顔矯正
はじめて割引
口コミ100件
営業日カレンダー
  • ※7月5日は、15:00〜の営業となります。

    歪みの矯正
    内臓の調整
    心理療法
    小顔矯正
    24時間対応インターネット予約
    仙人堂院長シモーンブログ
    facebook
    twitter
    Line

    起立性調節障害

    こんな症状でお悩みではありませんか?

    • 朝起きられない
    • 立ちくらみがある
    • 全身に倦怠感がある
    • 立っていると気分が悪くなる
    • 失神の発作がある
    • 動悸がする

    起立性調節障害とは?

    起立性調節障害というのは、自律神経失調症の一種になります。

    英語での表記であるOrthostatic Dysregulationの頭文字をとって、「OD」と呼ばれることもあります。

    発症率は明らかにされていないものの、発症頻度は高く、発症時期は思春期となることが多いようです。日本では小学生の5%ほどと中学生の10%ほどにこの起立性調節障害が見られると言われています。

    症状としては、朝起きられない、めまい、立ちくらみといったものが多く見られます。

     

    どのような症状が生じるのか?

    起立性調節障害の身体的な症状においては、朝起きられない、めまい、立ちくらみが代表的なものとして挙げられますが、他にも足に力がはいらない、イライラ、息苦しさ、嘔吐、過呼吸、胸痛、車酔い、痙攣、寒気、失神、疲れやすい、眠れない、寝すぎ、微熱、動悸、息切れ、食欲不振、腹痛、頭痛、倦怠感などの症状が人によって出てくるようです。

    また、精神的な症状としては、疲労感、過換気症候群、不安障害なども挙げられます。

    午前中に症状が出て体調がおかしくなるものの、午後には改善するといったケースも多いようです。

    こういったさまざまな症状から、昼夜逆転の生活や不登校になってしまうお子さんも少なくありません。

     

    原因

    起立性調節障害の原因となるのは、本当にさまざまです。

    家や学校で受けるストレスが原因となることもありますし、学校でのいじめが原因となることもあります。

    副腎疲労や過敏性腸症候群が原因となることもあります。

    基本的にはこういったものによって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって起立性調節障害が起こってしまうのです。

     起立性調節障害になりやすい人

    起立性調節障害になりやすい人ということですが、ざっくりと言うと思春期のお子さんです。

    ただ、そのお子さんにも身体的な特徴や性格的な面での傾向が見られます。身体的な特徴としては、痩せていること、胃下垂であること、疲れをため込みやすいこと、アレルギー体質であることなどです。

    性格的な面での傾向としては、内向的である、聞き分けが良い、自己主張が苦手、ひとつのことをくよくよと考えてしまうといったことが挙げられます。

    お子さんの性格面での傾向を一言でまとめると、いわゆる「いい子」でしょう。

    他にも、男性よりは女性のほうがなりやすいという部分もありますし、文化部の中でも吹奏楽部に入っている子がなりやすいという話もあります。

    悪化するとどうなるか?

    起立性調節障害が悪化すると、心のケアが必要になってくることもあります。

    特に、起立性調節障害によって自分の中で誤った条件反射が形成されてしまうケースもあるようで、そういった場合には誤った条件反射を克服していくための地道な治療が必要になってきます。

    お子さんの場合には、登校拒否から引きこもりになってしまうこともあるようです。

     

    間違われやすい疾患

    起立性調節障害と間違われやすい疾患として代表的なものとしては、うつ病、てんかん、脳脊髄液減少症が挙げられます。

    他にも、睡眠相後退症候群、鉄欠乏性貧血、副腎疲労、慢性疲労症候群(CFS)、血糖調節障害、甲状腺機能異常といったものが挙げられます。

    また、疾患ではなく、起立性調節障害を性格の問題や仮病といった言葉で片づけてしまうケースも少なくありません。

    こういった安易な判断がより起立性調節障害を悪化させてしまうこともありますので、注意しておきたいものです。

     

    一般的な治療法

    起立性調節障害の一般的な治療法についてですが、まずは心も問題ではなく体の問題であるということを理解した上で、非薬物療法をおこなっていきます。

    治療といっても実践していくのは非常にシンプルなことで、「いきなり立ち上がらない」「むくみを防止する靴下をはく」「夜のテレビやゲーム、スマホを控える」といった生活習慣の改善です。

    だいたい生活習慣の中に起立性調節障害を悪化させるような要素があるはずですので、そういったものを正して、健康的な生活習慣を心がけていくのです。

    これだけでもかなりの変化があると言われています。

    こういった非薬物療法の後で、薬物療法というものをおこなっていくことになります。

    基本的には血管を収縮させて、血圧を上げるための薬を服用していくことになるでしょう。

    起立性調節障害の治療はこのように思っている以上に簡単なものなのです。

    仙人堂での治療法

    dsc00253
    起立性調節障害は、状態がひどくなると起きることができなくなります。

    次第に学校にも行けなくなり、家族わどうしたらいいか分からずに来院される方が多くいらっしゃいます。

    なによりつらいのは、本人です。

    怠けていると誤解される場合もありなかなか理解してもらえないずつらい症状です。

     

    起立性調節障害の方は、おなかの状態がとても硬いです。

    おなかの状態が、硬いというのは腸内環境が悪く肝臓や腎臓、副腎などの臓器が正常に働いておりません。

    これらの臓器が疲労していると体の疲れも取れませんし、朝起きれないのも無理もありません。

    起立性調節障害を改善する為には、優先的に内臓の状態を回復させ体の疲労を軽減させる必要があります。

    精神的なストレスが関係しているのであれば、体の状態が回復してから心理療法を行いストレスを軽減していきます。

    たくさんのストレスを抱えて、大変つらい状態だと思いますが適切な治療を行うことでよくなるのでご安心ください。

     

     


    全国の治療家に指導する技術力

    メディア掲載情報

    アクセスマップ

    仙人堂(せんにんどう)

    〒299-3235
    大網白里市駒込440−8
    大網ハイツB棟203

    0475-78-3470

    営業時間 : 9:00~21:00
    定休日 : 木午後・日

    完全予約制
    地図
    地図
    JR外房線大網駅徒歩1分 無料駐車場2台完備 21時まで営業

    仙人堂への行き方

    道案内1

    大網駅の改札を出たら、左手のパン屋さん方面に向かって下さい。

    道案内2

    前方に同じようなマンションが2件あります。 こちらの右側の交番の前にあるマンションの2階に当院があります。そのまままっすぐお進みください。

    道案内3

    1階にリビングスタジオさんという輸入家具屋さんがあります。当院は、2階の奥から2番目の所にあります。

    道案内4

    リビングスタジオさんの前を通過して、奥までお進みください。

    道案内5

    突き当りの奥2台が当院の駐車場になります。お車で来られる方は、こちらをご利用ください。

    道案内6

    駐車場の正面(線路側)に入口があります。 こちらから2階にお上がりください。

    施術の流れ

    施術の流れの説明
    はじめての方へ!ホームページ割引
    お問い合わせ
    top
    Copyright© 2017 sennindo All Rights Reserved.