大網駅1分の整体 仙人堂【自律神経専門】プロに指導する実力

仙人堂

自律神経専門整体院 仙人堂

「ホームページを見て」とお電話ください。 0475-78-3470 営業時間/9:00〜21:00 定休日/木午後・日 完全予約制
  • インターネット予約
  • LINE予約
  • 大網駅徒歩1分!
  • 無料駐車場完備
  • 21時まで営業
  • 自律神経専門整体とは?
  • 適応疾患一覧
  • お問い合わせ
  • 歪みの矯正
  • 内臓の調整
  • 心理療法
  • 小顔矯正
はじめて割引
口コミ100件
営業日カレンダー
  • 適応疾患一覧

    痛み・しびれ

    自律神経・内臓

    メンタル

    女性の悩み

    歪みの矯正
    内臓の調整
    心理療法
    小顔矯正
    24時間対応インターネット予約
    Line
    仙人堂院長シモーンブログ
    facebook
    twitter

    タナ症候群

     

    こんな症状でお悩みではありませんか?

    • しゃがんだり正座をしたりすると違和感や痛みを感じる
    • 運動をすると痛む
    • パキンという音がなる
    • 手術をしたけど、痛みがおさまらない
     

    タナ症候群の症状とは?

    a011d229c1c8d9e642f1d9d26fbba5e1_s

    タナ症候群は、膝の痛みを生じる障害です。

     

     

    膝の屈伸を繰り返す人や打撲を伴う激しいスポーツを行う人に起こる障害です。

     

    膝を屈伸するときに、痛みや違和感があり、ひっかかるような感じや挟まるような感じがします。

     

    パキンという音がすることがあります。

     

    人により痛みの感じ方が違い、膝の皿のあたりが重苦しい、膝に挟まったような感覚がある、といった症状が現れます。

     

    患者は10代~20代の若い人に多く、男性よりも女性の割合が高くなっています。

     

    発症しやすいスポーツとしては、野球、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、陸上競技などになります。

    タナ症候群の原因

    タナ症候群の原因は、膝関節包と呼ばれる部分にある「タナ」と呼ばれる滑膜ヒダが、膝蓋骨と大腿骨の間に挟まれ、炎症を起こすものです。

     

    タナの部分に炎症が起き、違和感や痛みを感じるような症状です。

     

    タナそのものに問題があるわけではなく、その周囲の骨との摩擦や激しい動きにより、タナが肥厚化したり、瘢痕化したりすることで痛みをもたらします。

     

    膝を酷使する、打撲する、太ももの筋肉が疲労して緊張していれば、タナにも負荷がかかります。

     

    タナがない人もいますし、タナの形状も様々ですので、人により症状にも違いが出ます。

    似た症状を持つ病気や疾患

    タナ症候群とよく似た症状の疾患は、半月板損傷や膝蓋大腿関節不適合症候群です。

     

    半月板損傷は、膝の痛みの他に、引っかかった感じがあったり、膝の曲げ伸ばしができなくなったり、膝関節部分が腫れる疾患です。

     

    膝蓋大腿関節不適合症候群は、膝蓋骨の厚さが不十分であったり、膝蓋骨と重なる太腿骨の溝が浅いと関節がうまく適合せず、膝蓋骨が脱臼・亜脱臼します。

     

    太腿を内側にひねったり、骨盤が広がったり、膝が外側に開いたりしている場合に起こる疾患です。

     

    若い女性に多い疾患としても知られています。

    合併症

    膝の障害や疾患は多数ありますが、タナ症候群には、合併症がありません。

     

    似た症状には、半月板損傷や膝蓋大腿関節不適合症候群などがありますが、いずれも発生原因が違っています。

     

    膝周りが重苦しい感じになったり、膝の内側を押すと強い痛みを感じます。

     

    初期症状では、膝を動かすときに痛みが生じます。

     

    そのまま放置していると、安静時であっても膝の部分にジンジンとした痛みを感じ、その痛みが長時間続きます。

    病院での判断基準

    タナ症候群は、膝の内側が痛むと同時に、膝を動かしたときに、パキンという音がします。

     

    こうした音からタナ症候群が疑われる場合は、病院に行ってMRI検査の画像げ判断を行い、タナの存在を確認して、最終的な判断を下すようになっています。

     

    また、タナ症候群を自分で見つける簡単な方法があります。

     

    膝の皿の内側に親指を当てた状態で、膝の曲げ伸ばしを行います。

     

    その際、ポキポキとかパキパキといった音がした場合、タナ症候群を疑ったほうがいいでしょう。

     

    正確な状態を知りたい方はもちろん、病院でみてもらってください。

    自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

    タナ症候群は、一度かかると再発しやすい障害です。

     

    また、予防を行うことができますので、膝の痛みの症状が出やすい人は、しっかりと対策を行いましょう。

     

    タナ症候群が慢性化しないためには、膝の周りの筋力を強化し、ストレッチ等により柔軟性を上げるようにすることです。

     

    日常的にスポーツを行う人やスポーツ選手であれば、トレーニングを念入りに行えば、タナの摩擦が起きにくくなります。

     

    また、膝にはサポーターを装着して、膝の冷えによる筋肉の硬直を防ぎ、タナの炎症が起こらないようにすればいいでしょう。

     

    カイロや入浴なども有効な予防方法です。

    仙人堂でのタナ症候群のアプローチ法

    dsc00643

    一般的に軽症のタナ症候群では、経過観察を行いますが、スポーツ選手であれば、しばらくトレーニングなどを中止し安静にします。

     

    必要に応じて、アイシングや消炎鎮痛剤を服用し、湿布の貼り付けを行います。

     

    こられはあくまでも対症療法です。

     

    炎症は1~2か月程度でなくなります。

     

    タナ症候群が慢性化した場合は、膝の痛みや違和感が軽減しません。

     

    スポーツや仕事、階段の昇り降りにおいても、支障が出るようであれば、手術を選択するかもいます。

     

    タナ症候群の手術は、膝の関節内に関節鏡を差し入れてタナを切除するものです。

     

    傷口は小さいので、数日間で通常通り歩くことができます。

     

    タナ障害は、膝の屈伸時に痛みや違和感を感じます。

     

    膝のお皿の部分が重苦しかったり、何かが挟まっていたり、人によって感じ方が違います。

     

    膝の痛みや違和感を感じたときに、そのまま対処しなければ、激しいスポーツをしている人であれば、症状が悪化していきます。

     

    ひどくなると、安静にしていても、膝が痛み、長時間その痛みが続きます。

     

    膝を酷使するスポーツを行う人は、できれば症状が軽いうちに施術を始めたほうがいいでしょう。

     

    仙人堂では、膝蓋骨と大腿骨の歪みを正しい位置に矯正し、炎症を抑えることで痛みを解消させていきます。

     

    聞きなれない名前で、不安に感じる方も多いと思いますが割と多い疾患です。  


    全国の治療家に指導する技術力

    メディア掲載情報

    アクセスマップ

    仙人堂(せんにんどう)

    〒299-3235
    大網白里市駒込440−8
    大網ハイツB棟203

    0475-78-3470

    営業時間 : 9:00~21:00
    定休日 : 木午後・日

    完全予約制
    地図
    地図
    JR外房線大網駅徒歩1分 無料駐車場2台完備 21時まで営業

    仙人堂への行き方

    道案内1

    大網駅の改札を出たら、左手のパン屋さん方面に向かって下さい。

    道案内2

    前方に同じようなマンションが2件あります。 こちらの右側の交番の前にあるマンションの2階に当院があります。そのまままっすぐお進みください。

    道案内3

    1階にリビングスタジオさんという輸入家具屋さんがあります。当院は、2階の奥から2番目の所にあります。

    道案内4

    リビングスタジオさんの前を通過して、奥までお進みください。

    道案内5

    突き当りの奥2台が当院の駐車場になります。お車で来られる方は、こちらをご利用ください。

    道案内6

    駐車場の正面(線路側)に入口があります。 こちらから2階にお上がりください。

    施術の流れ

    施術の流れの説明
    はじめての方へ!ホームページ割引
    お問い合わせ
    top
    Copyright© 2017 sennindo All Rights Reserved.